人材確保に過疎地が貢献? サテライトオフィス最前線 画像 人材確保に過疎地が貢献? サテライトオフィス最前線

インバウンド・地域活性

 太平洋に面する海辺の町で、ウミガメが産卵で砂浜に上陸することで知られる徳島県美波町。NHKの朝ドラ「ウェルかめ」の舞台にもなった、人口1万人に満たないこの小さな町がいま注目を集めている。企業が次々とサテライトオフィスを開設しているのだ。

 企業進出の波を起こすきっかけとなったのは、情報セキュリティやDRM(デジタル著作権管理)の分野で事業展開するIT企業のサイファー・テック。東京の神楽坂に本社を置くが、2012年5月にこの町へサテライトオフィス「美波Lab」を新設したのをきっかけに、社員数が7人から26人へ3倍も増え、4年連続の増収増益を達成しているというのだ。同社代表取締役社長の吉田基晴氏は次のように語る。

 「都内で求人広告を出してもなかなか人が集まりませんでしたので、ならば地方にオフィスを置き、都会から地方へ人材を呼び寄せようという“逆張り”の発想に立ちました。すると美波町での暮らしに魅力を感じた若者が集まってきてくれたのです」。

 会社設立時の03年の5人から12年までにわずか2人しか増えていなかっただけに、その効果は絶大だが、美波町へサテライトオフィスを置き、美波町での人材募集で成果を上げた背景には、美波町の持つ魅力が欠かせないと吉田氏は指摘する。

 「例えば、都内で生まれ育ち、美波Labへ転職してくれたA君は、趣味のサーフィンをもっと楽しみたいという思いから美波町へ移り住んできました。それだけ、サーフィンの地としての魅力が美波町にあったわけです」。

 また、A君は町の祭や阿波踊りをはじめ、消防団、津波避難路草刈りなど、地域のさまざまな活動に参加している。こうした町とのつながりを吉田氏は「つとめ(=役目)」と言い、東京と比べて美波町でのライフスタイルは、サーフィンという「遊び」が充実したばかりか、「稼ぎ」「暮らし」「遊び」「つとめ」が一体化し、充足度が高まっていると見ている。さらに、ライフスタイルが向上するからこそ仕事においても活力がわき、同じ時間内で作業量やクオリティが増すという見方もできる。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  6. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 閉館した「グランベリーモール」(町田市)の再整備、新たなにぎわい拠点へ

アクセスランキングをもっと見る

page top