”家飲みカフェラテ”じわり増加。サントリーさらに新商品で攻める 画像 ”家飲みカフェラテ”じわり増加。サントリーさらに新商品で攻める

IT業務効率

 サントリー食品インターナショナルは缶コーヒー「BOSS」ブランドで、2種の新商品を投入した。キーワードは”カフェラテ“と”家飲み“。中高年の男性ユーザーが主力の缶コーヒー市場は主にブラックコーヒーとボトル缶で売り上げを伸ばしてきたが、2商品の投入により、甘口のカフェラテを好む若者や女性を取り込んで市場活性化を狙う。

 新商品はレギュラーサイズの185グラム缶「プレミアムボス ザ・ラテ」と、490ミリリットルペットボトル入りの「ボス ホームエスプレッソ ラテミックス」。ラテミックスはそのまま飲むのでなく、牛乳で薄める濃縮タイプで、家飲み需要がメイン。自動販売機などの外飲み需要と別に、家飲み需要が年々増えていることに着目した。

 柳井慎一郎執行役員は「研究開発で培ったオリジナル新商品を積極的に投入し、コーヒー市場を活性化したい」と強調する。BOSSブランドは2015年まで23年間連続の成長を実現。改廃が激しい飲料業界では「希有なこと」という。

 2015年は缶コーヒー市場全体が前年比微減(同社推定)だったが、BOSSは同4%増の9170万ケース。16年は同1%増の9220万ケースを見込む。

微生物で制御
 とはいえ缶コーヒー市場は、店頭での改廃や価格競争が激しい。これを脱して収益力を高めるには、他社商品にない優位性や市場創造が必要だ。16年の同社はそれをカフェラテに置いた。

 缶コーヒー市場ではブラックや微糖コーヒーが幅をきかすが、甘口のカフェラテは一定の底堅い需要がある。特に10―30代の男女にその傾向が顕著だ。カフェラテで求められるのは圧倒的なミルクリッチ感だが、単に牛乳の量を増やせばいいものでもない。

 缶コーヒーは食品の安全性確保のため多くの加熱工程があり、ミルクの味、香りが劣化してしまう。同社では微生物制御技術の活用や、加熱なしで使える材料を一部使って熱劣化を半減。ミルク量はボスカフェオレの4倍、コーヒー豆は微粉砕豆をブレンドし、しっかりしたコクを確保した。

 ラテミックスも同様に凍結濃縮技術を採用。加熱を伴わないためコーヒーのコクを高められる。連続カラム抽出製法でエスプレッソの香りも確保。戦略商品で16年もプラス成長を狙う。
(文=嶋田歩)
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

    【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  4. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  6. 【ポストものづくり時代:5】低成長時代に生き残る戦略

  7. 清水建設が3Dプリンターを積極活用、ものづくりの付加価値を追求!

  8. 建設現場向け自律型清掃ロボット、1平米当たり0.4分で清掃!

  9. NEDOや清水建設ら、米国でZEB実証試験。省・創エネ技術導入で消費電力半減が目標

  10. トンネル切羽地質の自動評価システム、AIの画像認識技術を活用

アクセスランキングをもっと見る

page top