社員が異業種の別会社へインターン、「大人の武者修行」の成果とは 画像 社員が異業種の別会社へインターン、「大人の武者修行」の成果とは

人材

 インターンシップは、学生が企業に短期間受け入れてもらい、就職前に仕事を体験することをおもに言う。仕事の内容の一端を把握できるのはもちろん、学生が社会人としての自覚を持ち、就職への意識を高める機会にもなる。これを学生ではなく社会人で実施するのが、サービス産業生産性協議会(SPRING)の主催する「大人の武者修行」だ。

 その仕組みは、社員を武者修行者として送り出したい企業と、武者修行者を受け入れる企業をSPRINGがマッチングさせるというもの。受け入れ企業は、「ハイ・サービス日本300選」や「おもてなし経営企業選」に選出されたり、「日本経営品質賞」を受賞したりした企業で、武者修行者にとっては学ぶことが多い。いわば大人のインターンシップとして、中小企業の次世代リーダーを養うのが狙いだ。

 では、実際にどのようなことが学べるのか。SPRINGは2015年度の「大人の武者修行」の成果報告会を15日に開催。修了証書が授与されたあと、武者修行者によるスピーチでは次のような報告がなされた。

 福島県の古紙回収・リサイクル事業者、株式会社こんのに所属し、北海道の十勝バスに受け入れてもらった武者修行者は、十勝バスの組織改革と、部下のやる気を引き出し育成するリーダーの振る舞い、成功の原則、常識と習慣をテーマに武者修行したと報告。

 「中でも一番感じたのは、良い習慣や行動は意識的な施策をもって習慣化させているという印象でした。各自が意識的に行っていることや気づきをローテーションで発表する機会があり、それによって行動指針を共有化されていました。日頃、無意識に行っていることに意識を向けさせる働きと、責任感を高めるという点で効果的だと感じました」と話した。

 また、十勝バスでは沿線住民を訪ねて声を聞き、利便性を高めるヒントを探る個別訪問を実施しているが、「こうした業界でも異例の取り組みは弊社にとっても大いに参考になり、我々の業界でも新しい市場価値を見出すうえで有効な手段だと感じました」と、得るものが多かったようすだ。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

    建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

  2. 事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

    事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

  3. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

    ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  6. 電気/通信設備工事各社、技術系の新入社員数が大幅増!

  7. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  8. 首都高速会社が点検技術者資格で、戦略的に人材確保・育成へ

  9. 外国人労働者と働くためのコミュニケーション

  10. 刑務所出所者の建設業への就職支援、拡大へ

アクセスランキングをもっと見る

page top