【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線 画像 【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

IT業務効率

 商品を購入する際に発行される紙のレシート。これを電子データ化する動きが加速している。経費精算などのために紙を保存しなくていいのは、消費者にとって大きなメリットだが、一方で企業にとっても注目度は高い。データとして膨大な購買履歴を蓄積すれば、物流システムの効率化やマーケティングに活用できるだろう。

 経済産業省は昨年10月、「流通・物流分野における情報の利活用に関する研究会」を設置。ヤマト運輸やセブン&アイ・ホールディングスなどの企業も参加し、“流通・物流業におけるビッグデータの活用を通じた消費活性化”について議論を行った。今後2年以内を目処に、電子レシートの標準規格を作る方針を打ち出している。

■今後の課題とは

 官民一体となった取り組みが行われている電子レシート実用化だが、今後どのような点が課題となるのだろうか。東京ビックサイトで3月8日から開催された流通システムの総合展示会「リテールテックJAPAN」では、「スマーター・リテイリング・フォーラム 2016 ~テクノロジーが拓く流通業ビジネスの可能性~」と題したセミナーを実施。「Virtual POS/電子レシート標準最新動向」コーナーで電子レシートの最新動向が語られた。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

    ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  2. ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

    ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

  3. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

    【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

  5. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  6. タクシー向け新ドメイン「.taxi」の受付開始……個人タクシーも申請OK

  7. ~ポストものづくり時代:1~伝統工芸を現在とシンクロさせる

  8. 国産自動運転システム「Autoware」をオープンソース化……名大・長崎大・産総研

  9. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  10. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top