【回転窓】被災者の思いと姿に学ぶ 画像 【回転窓】被災者の思いと姿に学ぶ

インバウンド・地域活性

 今月初めに岩手県宮古市を訪れた。内陸の盛岡と沿岸の宮古を結ぶJR山田線が運休のため、約2時間かけてバスで移動した▼地域の貴重な交通機関とあって車内はほぼ満席。隣にご婦人が座った。話を聞くと釜石市の方で、盛岡に住む娘さんに子どもが生まれ、1週間滞在した帰りとのこと。携帯電話で撮影した孫の写真を温かいまなざしで見つめていた▼ご婦人は釜石で漁業を営んでおり、東日本大震災で仕事道具や住まいなどをすべて失ったという。幸いにも家族全員無事で「私は運がいい。恵まれている」との言葉に、何も返せず、ただうなずくしかなかった。「43年前に“山から海に”嫁いだのは同級生で私だけ。冒険心旺盛なの」という明るさに救われた▼漁業の仕事もご主人と長男とで再開。今春には移転した高台の土地で新しい家が着工する。「年内に新居に移り、来年には新しい暮らしが始まる。これからだよ」。前向きな姿勢が印象に残った▼被災地の復興は道半ばとされるが、一歩ずつ着実に前進しているのも確か。復興の原動力となっている被災者一人一人の強い思いと姿に学ぶことは多い。

回転窓/被災者の思いと姿に学ぶ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  5. ~地方発ヒット商品の裏側~岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  6. ~地方発ヒット商品の裏側~1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れている!?――ケンズカフェ東京「特撰ガトーショコラ」のブランディング手法

  7. 首都高中央環状線 小菅出口が長期通行止め――出口移設のため8月24日から翌年9月末まで

  8. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

  10. 観光バス・営業車・トラック輸送への影響大かーー千葉県道路公社が7路線を夏季無料開放

アクセスランキングをもっと見る

page top