春日・後楽園駅前地区の再開発、本体工事の施工者が決定 画像 春日・後楽園駅前地区の再開発、本体工事の施工者が決定

インバウンド・地域活性

 東京都文京区の「春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合」(杉田明治理事長)が計画している総延べ床面積18万平方メートル規模の再開発ビル群の本体工事の施工者が決まった。分割した三つの街区のうち、南街区は大成建設、北街区は清水建設、西街区は東洋建設が担当する。今月中に契約を締結。準備工事を経て本格的な工事に入る。全体完成は21年度末を予定している。
 17日の理事会で、施工を担当する3社との工事契約を了承した。
 再開発の対象区域は、西側に東京メトロ南北線後楽園駅がある小石川1の1~8(区域面積2・4ヘクタール)。事業計画(15年5月28日時点)によると、区域を南、北、西の3街区に分割。南街区に事務所棟と住宅棟が低層部でつながる複合ビル(地下2階地上23階建て延べ9万4920平方メートル、住戸数169戸)、北街区に住宅主体のビル(地下2階地上40階建て延べ8万4960平方メートル、住戸数578戸)、西街区にも住宅主体のビル(地下1階地上13階建て延べ3260平方メートル)をそれぞれ建設する。設計は日本設計が担当している。
 現在、区域内では既存建物の解体工事が進められている。解体工事の施工は南、西街区を竹中土木、北街区を田中建設工業が担当。本体工事は、解体工事と並行して段階的に進める。西街区が18年春に先行して完成し、南、北の両街区は20年度の竣工を目指す。その後、南街区にある変電所の移設工事を行って全体完成となる。
 当初の想定より事業費が膨らんでいることから、組合は現在、都に事業計画変更を申請中で、近く認可が下りる見通し。総事業費は1180億円程度を見込んでいる。
 組合には事業協力者として清水建設と大成建設、参加組合員として三井不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、新日鉄興和不動産が参画している。

春日・後楽園駅前地区再開発(東京都文京区)/本体工事の施工者決定/組合

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

    東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  6. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  7. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン

  9. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  10. 東京都・小金井駅北口再開発で準備組合が発足、事業協力者に住友不

アクセスランキングをもっと見る

page top