春日・後楽園駅前地区の再開発、本体工事の施工者が決定 画像 春日・後楽園駅前地区の再開発、本体工事の施工者が決定

インバウンド・地域活性

 東京都文京区の「春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合」(杉田明治理事長)が計画している総延べ床面積18万平方メートル規模の再開発ビル群の本体工事の施工者が決まった。分割した三つの街区のうち、南街区は大成建設、北街区は清水建設、西街区は東洋建設が担当する。今月中に契約を締結。準備工事を経て本格的な工事に入る。全体完成は21年度末を予定している。
 17日の理事会で、施工を担当する3社との工事契約を了承した。
 再開発の対象区域は、西側に東京メトロ南北線後楽園駅がある小石川1の1~8(区域面積2・4ヘクタール)。事業計画(15年5月28日時点)によると、区域を南、北、西の3街区に分割。南街区に事務所棟と住宅棟が低層部でつながる複合ビル(地下2階地上23階建て延べ9万4920平方メートル、住戸数169戸)、北街区に住宅主体のビル(地下2階地上40階建て延べ8万4960平方メートル、住戸数578戸)、西街区にも住宅主体のビル(地下1階地上13階建て延べ3260平方メートル)をそれぞれ建設する。設計は日本設計が担当している。
 現在、区域内では既存建物の解体工事が進められている。解体工事の施工は南、西街区を竹中土木、北街区を田中建設工業が担当。本体工事は、解体工事と並行して段階的に進める。西街区が18年春に先行して完成し、南、北の両街区は20年度の竣工を目指す。その後、南街区にある変電所の移設工事を行って全体完成となる。
 当初の想定より事業費が膨らんでいることから、組合は現在、都に事業計画変更を申請中で、近く認可が下りる見通し。総事業費は1180億円程度を見込んでいる。
 組合には事業協力者として清水建設と大成建設、参加組合員として三井不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、新日鉄興和不動産が参画している。

春日・後楽園駅前地区再開発(東京都文京区)/本体工事の施工者決定/組合

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 「大阪港開港150年」夢洲コンテナターミナル岸壁全延長供用式典開く

  7. 都心から成田へのリムジンバス、乗車券と手荷物配送がセットに。新サービス始まる!

  8. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  9. 東京都・石神井川の治水対策、城北中央公園直下に地下調節池を新規整備

  10. 特産品のパッケージを一新して売上アップ!デザイン力で地域を活性化した事例集発売

アクセスランキングをもっと見る

page top