タイ向けに牛肉の輸出条件を緩和。輸送コスト大幅削減、第三国経由可能に

制度・ビジネスチャンス

 農水省は18日、タイ向けの牛肉の輸出条件が緩和されたと発表した。これまで認められていなかった、第三国の経由地で荷物を積み替えて輸出でき、輸送コストの大幅な削減が期待できる。経済成長を続けるタイは牛肉の重要な輸出先なだけに、牛肉の輸出拡大に弾みがつきそうだ。

 同省によると、日本からタイへの牛肉輸出は直送に限って認められていた。ただ、タイに直行する船便は東京や福岡にしかない。このため多くの国内産地は東京や福岡へトラックで陸送し、そこからタイへ海上輸送する形を取っていた。

 今回の条件緩和によって第三国の経由地で荷物を積み替えて輸出することについて、荷物積み替え後の船名を証明書に記載することで可能になる。このため国内産地は、東京や福岡への長距離の陸送が省け、輸送コストを抑えることができる。

 同省によると、例えば北海道からタイに輸出する場合、これまでの東京に陸送し、そこから海上輸送するコストは1キロ当たり約60円だが、韓国・釜山を経由して北海道から海上輸送するコストは約40円。輸送コストを3分の1削減できる計算になる。

 森山裕農相は同日の閣議後会見で「輸出拡大にインパクトになる」と期待感を示した。

 同省によると、日本からタイへの牛肉輸出量は2013年が34トン、14年が66トン、15年が116トンと年々倍増。15年は牛肉輸出全体の1割弱を占めている。

 タイへの牛肉輸出をめぐっては、30カ月齢未満の月齢制限が続いており、この撤廃に向けた協議は継続する。

タイ向け 牛肉 輸出条件を緩和 輸送コスト大幅削減 第三国経由可能に

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

    宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  3. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  4. 主要ゼネコン26社4~6月期決算/受注高は15社増加、手持ち工事消化を優先

  5. 【卸・問屋の新戦略:4】情報力を活かしたコンサル事業に活路!

  6. 「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは?

  7. ミズノ、作業服事業に本格参入/19年度に25億円目標

  8. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  9. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  10. 国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

アクセスランキングをもっと見る

page top