福山通運 マレーシアの物流企業を子会社化 画像 福山通運 マレーシアの物流企業を子会社化

インバウンド・地域活性

マレーシアとタイの物流企業2社を買収
広島県に本社を置く福山通運株式会社は、15日、マレーシアの物流企業、E.H. Utara Holdings Sdn. Bhd.とそのグループ会社でタイの物流企業、E.H.Utara (Thailand) Co. Ltdの株式取得を発表した。
福山通運は、この2社の子会社化により、マレーシアとタイの2カ国を中心に国際事業の基点を構築、東南アジアでの事業領域の拡大を目指す。

同社はまた、東南アジアでのアセアン経済共同体の開始や環太平洋パートナーシップ協定発効後の経済活性化を背景とした、物流インフラにおけるニーズの高まりを見据え、東南アジア地域を同社の国際事業発展における重要地域とし同地域での事業拡大を図る。

より積極的な事業展開を
E.H. Utara Holdings Sdn. Bhd.は、1975年に設立された、マレーシアを中心に事業を幅広く展開する物流企業。主要顧客には、現地企業のほか、日系企業をはじめとする外資系大手企業などがある。

また、自動車部品、電子部品、日用消費財などを主な貨物とし、特に、マレーシアとタイ間での国際トラック輸送に注力する。

福山通運は今回の株式取得により、E.H. Utara Holdings Sdn. Bhd.がこれまでに培ってきた、国際トラック輸送のノウハウを活かしつつ事業の多角化を進め、より積極的な事業展開に努めるとしている。

(画像は福山通運HPより)
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  8. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top