カタチはトラック、走りはリーフ…日産の電気トラック e-NT400 に乗る 画像 カタチはトラック、走りはリーフ…日産の電気トラック e-NT400 に乗る

制度・ビジネスチャンス

日産が3月に大磯で実施した小型商用車(LCV)全ラインナップ公開で、『リーフ』に次ぐEV『e-NV200』と、市販化前の電気トラック『e-NT400』に試乗。リーフのモータやバッテリを活用したバン・トラックの発進、ブレーキ、旋回、スラロームなどを体感した。

e-NV200は、一充電走行距離190km、100Vコンセントを2つ備え(最大負荷1500W)、「荷物も電気も運べる」が売り文句のEV。バンは380万円台から、ワゴンは460万円台からで、補助金などで100万円前後が差し引かれるが、それでも従来エンジン版の『NV200』とは初期費用で100~140万円ほどの差が出る。

ガソリン車のNV200に乗ったあと、電気版のe-NV200のアクセルを踏むと、ミニバンに乗ってることを忘れてしまうほどに静かで機敏・軽快。座高の高いリーフに乗っているようで、EVの気持ちいい加速と旋回性が体感できた。

また大磯の試乗エリアには、実証運行などを繰り返してきた電気トラック e-NT400 にも乗ることができた。e-NT400は、同社の小型トラック『アトラス』をベースに、リーフのモーターやバッテリーを組み込んだ電気トラック。

「まだ市販化前の段階なので、内装は撮影できない」ということで、e-NV200やリーフのようなパネル、インテリアまわりはできあがっていなかったが、“電源ボタン”を押して、アクセルペダルを踏むと、ショックもほとんどなくシューンというモーター音を発しながら、シームレスに加速していく。ハンドル角度や視界はトラックそのものだが、前後方向の加速感はまさにリーフ譲りだった。

「振動が少なく、スムーズな加速と乗り心地で、ドライバーにも荷物にも優しい。現状、航続可能距離は60kmほど」というe-NT400。東京駅と中央道調布ICを1往復するだけで50kmを超えてしまうことから、「100%電気化したトラックの普及にはまだ時間がかかる」とも話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

    新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  2. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  3. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  4. 【外国人技能実習生:1】受け入れを検討するタイミングはいま。

  5. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  6. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  7. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  8. 建設関連企業、東京都の「時差Biz」に賛同/時差出勤やテレワークなど

  9. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  10. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top