雑踏でも人の声を的確に聞き分けます!富士ソフトがサービスロボ向け技術 画像 雑踏でも人の声を的確に聞き分けます!富士ソフトがサービスロボ向け技術

IT業務効率

 富士ソフトは四つのマイクとソフトウエア制御を組み合わせ、雑踏などでも的確に聞きたい音を拾う技術を開発した。コミュニケーションロボットに適用することで、人間の声を的確に聞き分ける能力をもたせる。2016年度をめどに同社が提供するサービスロボット「PALRO(パルロ)」に搭載するほか、他のロボットメーカーなど向けの外販も検討する。

 設置した四つのマイクの位置の違いから、それぞれのマイクに音が届く時間の微妙なズレが生じる。そのズレから音の方向を把握して、聞きたい人の方向へマイクを向ける。

 さらに、マイクと聞きたい人の距離も位置のズレから抽出。ソフト制御により、対象の人の後ろの音を低減しクリアな声を取り出す。リアルタイムで聞きたい声を取り出す一連の作業ができることも特徴という。

 従来のパルロは周辺の音を低減する機能を搭載しておらず、ヒアリング力の向上が課題だった。

 今回の技術は複数のマイクとコンピューターがあれば実現可能で、ロボット以外の活用も期待できる。ただ、現状でも完璧に聞き取れるわけではなく技術の磨き上げが必要という。

 コミュニケーションロボットは実社会での活用が求められ、雑踏など周辺の雑音が大きい場所でも聞きたい音を拾う技術が求められている。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

    サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

  2. 三機工業、IoTやAIを組み込んだクラウドシステム開発/現場業務を効率化

    三機工業、IoTやAIを組み込んだクラウドシステム開発/現場業務を効率化

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  5. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  6. 東京五輪のマラソン、レジェンドが「遮熱性舗装」に太鼓判!

  7. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  8. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  9. 新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

  10. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

アクセスランキングをもっと見る

page top