国土地理院がドローン測量職員育成へ新組織設置、i-Con対応で100人体制 画像 国土地理院がドローン測量職員育成へ新組織設置、i-Con対応で100人体制

IT業務効率

 国土地理院は16日、ドローン(小型無人機)を使った測量に精通した職員を育成することを目的にした新組織「国土地理院ランドバード(GSI-LB)」を発足させた。建設現場の生産性向上を図る国土交通省の「i-Construction」に対応した3次元の公共測量に対する指導・助言を行う役割を担うとともに、災害時には直接現地に出向いて緊急撮影を行える体制を築く。=2面に関連記事
 新組織には、本院と全国10カ所にある地方測量部や支所を含めた100人を超える職員が登録。今後2年がかりで必要な技術を備えた技術者として育成していく。
 ランドバードでは、緊急撮影にも対応できる高度な技術を備えられるよう、安全管理、操縦技術、精度管理にたけた職員を育成する。昨年9月の関東・東北豪雨の水害では、地理院の職員が、決壊した鬼怒川の堤防の様子をドローンを使って撮影した実績がある。
 職員育成の運用マニュアルでは、風速10メートル程度であれば、ドローンを飛ばして撮影を行える技術を備えられるようにする。独自の操縦ライセンス(A級、B級)を検定を通じて認定していく。職員育成と併せて、全国に測量用のドローンを順次配備していく方針だ。
 16日の発足式で越智繁雄院長は「i-Constructionでドローンを使った公共測量を行うケースが増えてくる。その際に測量法に基づく指導・助言を行える技術や技能を備えるようにしたい。それが国民により良いサービスを提供することにもつながる」と述べた。同日には、院内の敷地で鬼怒川の撮影も行った職員によるデモンストレーションが報道陣に公開された。

国土地理院/ドローン測量職員育成へ新組織設置/i-Con対応で100人体制

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 人工知能が旅行プランを提案? 今が旬の観光地をレコメンド/NTTレゾナント

  6. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  7. 川崎地質がけん引式空洞探査車を開発

  8. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  9. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  10. シートバックに敷くだけのセンサーでドライバーの眠けや疲労など体調管理

アクセスランキングをもっと見る

page top