【特集・スマート決済】インバウンド は「アクセプタンスマーク」で!! 画像 【特集・スマート決済】インバウンド は「アクセプタンスマーク」で!!

イベント

 世界的な旅行ガイドブック「ロンリープラネット」に、こんな一文があるという。“日本ではカードに頼るのは得策ではない”。つまり、日本ではいまだに現金決済が主流であると、多くの外国人観光客に思われているのだ。

 「なら、うちはカードを入れているから大丈夫だろう」と思う店もあるかもしれない。だが、それが実は間違っていると警鐘を鳴らしているのが、ビザ・ワールドワイド・ジャパンの龍武史氏だ。

 流通システムの総合展示会「リテールテックJAPAN」で行われたセミナーで、同氏はアクセプタンスマークの重要性について訴えている。今後インバウンド対策を考えている小売店などは、一刻も早くクレジットカードに対応し、その上でマークを適切な形で掲示すべきだろう。

■国内店舗の92%がカード非対応……に見えるカラクリ

 龍氏によるとクレジットカードの意義は3つあるという。すなわちポイントプログラムによる満足度向上のサポート、行列緩和などに向けた会計スピード向上、機会損失の削減。このうち、機会損失の削減では、現金を持たない利用者でも後払いできるメリットが強調され続けてきた。

 しかし、これからの時代にカード対応といえば、真っ先に思いつくのがインバウンド対策だ。そこで登場するのがアクセプタンスマーク。VisaやMasterCardなど各カード会社のロゴを象ったもので、これをレジや入口に掲示することで、その店がカード決済に対応することを表している。

 だが、ビザ・ワールドワイド・ジャパンが独自に実施した調査によると、その掲示状況はかんばしくない。東京、京都、那覇の飲食店750店舗のうち、クレジットカードに対応していたのは65%。その中でマークを貼っている店舗は27%。それも店頭に貼っていない店舗が56%を占めている。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

    【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  2. 【越境ECフェス】中国・東南アジアで成功、その事業とは?

    【越境ECフェス】中国・東南アジアで成功、その事業とは?

  3. 【農業ワールド】ハウスに行かずとも照明や散水……農業自働化システム

    【農業ワールド】ハウスに行かずとも照明や散水……農業自働化システム

  4. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  5. 【国際コインランドリーEXPO:3】繁盛店の新規参入ノウハウ!

  6. HANJO HANJO、中小企業向けフィンテックセミナーを共催!

  7. 【インバウンドEXPO:3】体験型+VR集客が成功の方程式に

  8. 【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

  9. 「鳥取だから」できた医療シミュレーターロボット/テムザック技術研究所

  10. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

アクセスランキングをもっと見る

page top