神奈川県CHO構想の実証実験、その成果は? 参加団体によるフォーラムを開催

人材

 神奈川県ではCHO構想として、県内企業の健康経営を奨励している。ここで言うCHOとは、健康管理最高責任者の略称。”従業員の健康づくり”を中心となって行い、”従業員の健康”が企業にもたらすメリットを評価し、企業の経営にも活かすものだ。

 同構想では15年10月から4か月に渡り、実証実験が行われた。その結果として、一体どんな成果が出たのだろう? その一端を垣間見えるようなイベント「CHOフォーラム」が29日、横浜で開催される。

■昨年から行われた実証実験の成果とは?

 CHOフォーラムでは、同構想についての現状が様々な形で紹介される。当日は東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット特任助教の古井祐司氏による講演を実施。さらに、古井氏をモデレーターとして、「CHO実証事業での取組と成果」と題したパネルディスカッションが展開される。

 ディスカッションにはパネリストとして、株式会社アイネットなど実証実験に参加した6つの企業・団体が参加。さらに、神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局も参加する。その他、当日は神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局副局長の山口健太郎氏も登壇。会場では健康支援サービス企業の展示なども実施される。

 開催日時は3月25日の12時から16時。講演・パネルディスカッションは13時から15時45分まで。会場は横浜情報文化センター6階情文ホール。参加費は無料だが、参加申込フォームからの申し込みが必要となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 建災防がメンタルヘルス対策強化。健康KY、チェックマニュアル策定

    建災防がメンタルヘルス対策強化。健康KY、チェックマニュアル策定

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  5. ~社歌コン 応募社の横顔:5~朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

  6. 建コン協と土木学会、若手技術者が「土木の将来」で議論!

  7. ~社歌コン 応募社の横顔:24~理念経営を歌でカタチに-神奈川の美容院

  8. ~社歌コン 応募社の横顔:28~従業員の絆、幸せを運ぶ-福岡の農機開発

  9. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  10. ~社歌コン 応募社の横顔:4~1人でも社歌、人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工

アクセスランキングをもっと見る

page top