神奈川県CHO構想の実証実験、その成果は? 参加団体によるフォーラムを開催

人材

 神奈川県ではCHO構想として、県内企業の健康経営を奨励している。ここで言うCHOとは、健康管理最高責任者の略称。”従業員の健康づくり”を中心となって行い、”従業員の健康”が企業にもたらすメリットを評価し、企業の経営にも活かすものだ。

 同構想では15年10月から4か月に渡り、実証実験が行われた。その結果として、一体どんな成果が出たのだろう? その一端を垣間見えるようなイベント「CHOフォーラム」が29日、横浜で開催される。

■昨年から行われた実証実験の成果とは?

 CHOフォーラムでは、同構想についての現状が様々な形で紹介される。当日は東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット特任助教の古井祐司氏による講演を実施。さらに、古井氏をモデレーターとして、「CHO実証事業での取組と成果」と題したパネルディスカッションが展開される。

 ディスカッションにはパネリストとして、株式会社アイネットなど実証実験に参加した6つの企業・団体が参加。さらに、神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局も参加する。その他、当日は神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局副局長の山口健太郎氏も登壇。会場では健康支援サービス企業の展示なども実施される。

 開催日時は3月25日の12時から16時。講演・パネルディスカッションは13時から15時45分まで。会場は横浜情報文化センター6階情文ホール。参加費は無料だが、参加申込フォームからの申し込みが必要となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 熊谷組、女性技術者の定着率向上へ。ネットワーク作りも支援

    熊谷組、女性技術者の定着率向上へ。ネットワーク作りも支援

  2. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

    国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  3. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

    建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

  4. けんせつ小町活躍現場見学会、建設業で働く女性の仕事や魅力を中学生に

  5. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  6. 国交省/建設工事発注機関連絡会が初会合/働き方改革の取り組みなど情報共有

  7. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  8. レゴで学べる!? 中小モノづくり企業の効果的な人材育成術

  9. 建設現場の「快適トイレ」導入推進へ。臭い対策も

  10. 日建連が長時間労働是正へ支援要請。国交相と意見交換、週休2日に理解促進を

アクセスランキングをもっと見る

page top