IoTを活用した高齢者見守り&生活支援プラットフォームがサービスイン 画像 IoTを活用した高齢者見守り&生活支援プラットフォームがサービスイン

IT業務効率

 介護事業を手掛けるインフィックは16日、高齢者生活支援IoTプラットフォーム「CareEye(ケアアイ)」を今春からサービス開始することを発表した。

 「CareEye」は運動量・温度・湿度・照度を計測する「CareEyeセンサー」を高齢者宅に設置し、スマートフォンアプリなどでリアルタイムに状況を把握して異常検知時にメールなどで通知する高齢者見守りサービス。

 介護サービスに携わるグループ企業約500人超の介護スタッフのノウハウを活かし、高齢者の日常生活全般をトータルで支援するとともに高齢者の日常生活・行動データを見える化して家族に提供。また取得したデータをクラウド上で管理・蓄積してAI・機械学習で分析し、現状に適した介護サービスや福祉用具の利用などの提案を行う。

 同事業は新たに設立した100%子会社のインフィック・コミュニケーションズが事業主体となって開発・運営を進めていく。

 予定価格はいずれも税別で初期費用が14,800円、月額使用料は980円(年払い)。今後はすでに提供しているRamrock社の認知症老人徘徊感知機器「Ramrock eye's」との連携や、睡眠マネジメントが可能な新たなベッドセンサーの開発なども進めていくという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

    最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

  2. 京急のトンネル区間すべてで携帯電話が利用可能に

    京急のトンネル区間すべてで携帯電話が利用可能に

  3. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

    【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  4. 試作品開発でFileMaker活用、伝統工芸品をWebで集客、中小企業のIT活用支援サイト「東商ICTスクエア」開設

  5. 九経連、九州観光推進機構らNTTグループと共同で「Kyushu_Free_Wi-Fiプロジェクト」始動

  6. ~ITで攻めの農業:3~圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  7. お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

  8. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

  9. 自動車への応用が可能なAI、そこから何が生まれるのか?/AI+人口知能EXPO

  10. アシストスーツで農作物の出荷作業を楽に……アクティブリンクがデモ

アクセスランキングをもっと見る

page top