IoTを活用した高齢者見守り&生活支援プラットフォームがサービスイン 画像 IoTを活用した高齢者見守り&生活支援プラットフォームがサービスイン

IT業務効率

 介護事業を手掛けるインフィックは16日、高齢者生活支援IoTプラットフォーム「CareEye(ケアアイ)」を今春からサービス開始することを発表した。

 「CareEye」は運動量・温度・湿度・照度を計測する「CareEyeセンサー」を高齢者宅に設置し、スマートフォンアプリなどでリアルタイムに状況を把握して異常検知時にメールなどで通知する高齢者見守りサービス。

 介護サービスに携わるグループ企業約500人超の介護スタッフのノウハウを活かし、高齢者の日常生活全般をトータルで支援するとともに高齢者の日常生活・行動データを見える化して家族に提供。また取得したデータをクラウド上で管理・蓄積してAI・機械学習で分析し、現状に適した介護サービスや福祉用具の利用などの提案を行う。

 同事業は新たに設立した100%子会社のインフィック・コミュニケーションズが事業主体となって開発・運営を進めていく。

 予定価格はいずれも税別で初期費用が14,800円、月額使用料は980円(年払い)。今後はすでに提供しているRamrock社の認知症老人徘徊感知機器「Ramrock eye's」との連携や、睡眠マネジメントが可能な新たなベッドセンサーの開発なども進めていくという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  2. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  3. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  6. ~自社システムを外販する:1~VRギャラリーを不動産業に転用!

  7. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  8. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  9. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  10. 建設現場で広がるウェアラブル端末

アクセスランキングをもっと見る

page top