政府が福島第1原発作業チームの表彰制度を創設。首相・経産相から感謝状、4月に表彰式 画像 政府が福島第1原発作業チームの表彰制度を創設。首相・経産相から感謝状、4月に表彰式

インバウンド・地域活性

 政府は16年度、東日本大震災で事故を起こした東京電力福島第1原子力発電所(福島県大熊、双葉町)の廃炉・汚染水対策に取り組んでいる作業チームに感謝状を贈る表彰制度を創設する。厳しい作業環境で優れた功績を挙げた作業チームをたたえることで、作業員のモチベーションを高めるとともに、作業の成果や安全の工夫、人材育成などの取り組みを広く知ってもらうのが目的だ。
 初の表彰式は、4月10、11両日に福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズで開かれる福島第1廃炉国際フォーラム(主催=経済産業省資源エネルギー庁、原子力損害賠償・廃炉等支援機構)で行われる。
 表彰する作業チームの選出は、15年度に福島第1原発の廃炉・汚染水対策を行ってきた作業チームの中から、▽作業を工夫し、当初計画より特に成果を挙げた▽作業の安全に特に貢献▽人材育成に特に努力-の3点を基準に行う。功績内容に応じて首相、経産相、経産副大臣(原子力災害現地対策本部長)からの感謝状を授与する。
 福島第1原発の廃炉・汚染水対策には大手・準大手ゼネコンをはじめ多くの建設会社が携わっている。

政府/福島第1原発作業チーム表彰制度創設/首相・経産相から感謝状、4月に表彰式

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

    大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  10. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

アクセスランキングをもっと見る

page top