12年目の「こどもホタレンジャー」授賞式が開催 画像 12年目の「こどもホタレンジャー」授賞式が開催

インバウンド・地域活性

丸川環境大臣も見守る中、子ども達が水環境保全の活動を報告
環境大臣賞を受賞したのは東広島市立豊栄小学校

 2月13日、エリアベネッセ青山にて「こどもホタレンジャー」の発表大会ならびに表彰式が行われた。この事業は環境省が次世代を担う少年少女たちの育成と水環境保全活動の促進を目的とした活動の一環で、平成16年度から実施されている。
 具体的な内容としては、全国の小中学生を中心とした子どもたちが取り組むさまざまな活動を広く公募し、有識者等の審査を経て優れた取り組みを表彰するというものだ。人間が生きていくために必要な"水"資源やそれをとりまく環境保全の重要性を学び、出来ることと考えて取り組む活動を「こどもホタレンジャー」として応援するという形である。
 12回目を迎える今回は、全国46団体の取組の中から選出された5団体の子どもたちが、100人を超える聴衆を前に発表を行った。選ばれたのは岐阜県の可児市立今渡南小学校、愛知県の刈谷市立小垣江小学校、福井県の坂口エコメイト、熊本県の菊池市立戸崎小学校、そして広島県の東広島市立豊栄小学校の5つ。
 出席した丸川環境大臣より表彰状が授与される環境大臣賞には「豊栄町ふるさと大好き探検隊~里山の宝物を守る~」というテーマで発表を行った東広島市立豊栄小学校が選ばれた。
 発表会と表彰式が行われた後に閉会の挨拶をした丸川大臣は「環境問題は、法律や優れた技術だけで解決できるものではありません。一人一人の考え方や行動によって変えていくことができるものです。今日の5組の“ホタレンジャー”の皆さんには、今日、経験したことを是非、これからの皆さんの人生の目標や将来の夢の材料の一つとして活かしてもらえることを願っています」と水環境保全の重要性を強調すると同時に、未来を担う子どもたちに向けて期待の言葉を述べた。
 環境省は、環境大臣賞に選ばれた豊栄小学校の取り組みを元にした学習プログラムを作成し、全国の小中学へ校紹介する取り組みを予定している。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  8. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

アクセスランキングをもっと見る

page top