大成建設と豊橋技科大、バッテリーレスEVの屋外走行に成功。道路からワイヤレス給電 画像 大成建設と豊橋技科大、バッテリーレスEVの屋外走行に成功。道路からワイヤレス給電

IT業務効率

 大成建設と豊橋技術科学大学が、ワイヤレス(無線)給電システムを用いて、バッテリーのない電気自動車(EV)を屋外で走行させることに成功した。高効率で給電できるアスファルト舗装の屋外走行路(延長30メートル)を愛知県豊橋市の同大構内に整備。システムを実装した小型EVが道路から無線で給電しながら走行した。同大大学院の大平孝教授は「バッテリーレスのEVが道路を走ったのはおそらく世界で初めて。EVが移動手段の主流になる時代の幕開けだ」と話している。
 道路に埋め込んだ金属製の電極板から、タイヤ内のスチールベルト、ホイールを介してEV搭載モーターに電力を送り、走行用のエネルギーとして使う仕組み。ゴムなどの絶縁体でも流れる高周波エネルギーを利用する。EVへの充電やバッテリーの搭載・交換をせずに連続走行ができるのが特徴だ。
 両者はトヨタの汎用超小型(1人乗り)EV「COMS」を改良し、システムを導入した。走行用バッテリーは搭載していない。金属板を埋め込んだアスファルト舗装の電化道路は、高周波エネルギーの伝搬効率が高い材料で一般的な道路舗装に近い構造。荷重や振動に対して従来の道路構造と同等の耐久性能を持つという。
 同大構内に長さ30メートル、幅1・5メートルの屋外走行路を整備した。タイヤ直下の位置に、幅40センチのステンレス鋼板を2本の帯状に設置。その上に厚さ10センチのアスファルト舗装を敷設。電化道路の施工性とともにEVの屋外走行性を確認した。
 大平教授は「理論的には走ると分かっていたが、本当に走るかどうか心配だった。ただ走っただけだが、大きな一歩だ」と強調した。
 両者は今後、給電システムやタイヤ集電機構、安全性技術などの開発、電化道路の低コスト化、道路としての基本性能の向上などの課題に取り組む。16~18年に給電出力10キロワット(現5キロワット)・給電効率70%(現30%弱)、19~21年に給電出力100キロワット(普通自動車クラス)・給電効率70%を目標に設定。22年には自動車専用道路での実証実験を目指す。
 同システムはEVのほか、工場や物流施設など屋内で利用する電動カートの搬送システムとしても技術開発が進行中。16~18年に工場搬送システムの実証実験を行い、19~21年には商品化・事業化を視野に入れている。

大成建設、豊橋技科大/バッテリーレスEVの屋外走行に成功/道路からワイヤレス給電

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

    【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  3. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

    【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  4. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  6. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  7. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  8. 鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

  9. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  10. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

アクセスランキングをもっと見る

page top