ドコモ、震災被害のカキ養殖漁場で水温データ管理 画像 ドコモ、震災被害のカキ養殖漁場で水温データ管理

IT業務効率

 NTTドコモは東日本大震災で被害を受けた宮城県東松島市のカキとノリ養殖漁場で、通信機能を搭載したブイの実証実験を始めた。2017年4月の商用化を目指す。セナーアンドバーンズ(東京都大田区)が開発したセンサー搭載のブイから水温データを取得し、ドコモのクラウドサーバーに送信する。

 養殖業者はアンデックス(仙台市青葉区)が手がけたスマートフォンのアプリケーション(応用ソフト)を通じ水温を確認・管理する。情報通信技術(ICT)を活用した温度管理により、養殖業者の生産性向上や高品質な水産物生産につなげる。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  2. 大林組、山岳トンネル切羽評価に人工知能を適用/ディープラーニングで専門家と同等の評価

    大林組、山岳トンネル切羽評価に人工知能を適用/ディープラーニングで専門家と同等の評価

  3. トンネル工事用の切羽前方探査システム、3次元モニタリングで安全確保

    トンネル工事用の切羽前方探査システム、3次元モニタリングで安全確保

  4. 【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

  5. サービス業のIT利用最前線!10 異文化を乗り越えるインバウンド民泊力/チャプターエイト

  6. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  7. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  8. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  9. 飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

  10. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に

アクセスランキングをもっと見る

page top