ドコモ、震災被害のカキ養殖漁場で水温データ管理 画像 ドコモ、震災被害のカキ養殖漁場で水温データ管理

IT業務効率

 NTTドコモは東日本大震災で被害を受けた宮城県東松島市のカキとノリ養殖漁場で、通信機能を搭載したブイの実証実験を始めた。2017年4月の商用化を目指す。セナーアンドバーンズ(東京都大田区)が開発したセンサー搭載のブイから水温データを取得し、ドコモのクラウドサーバーに送信する。

 養殖業者はアンデックス(仙台市青葉区)が手がけたスマートフォンのアプリケーション(応用ソフト)を通じ水温を確認・管理する。情報通信技術(ICT)を活用した温度管理により、養殖業者の生産性向上や高品質な水産物生産につなげる。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

    サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

  2. 「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

    「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

  3. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  4. サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

  5. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  6. 奥村組、パスコ/シールド工事地表面変位測量に人工衛星適用

  7. 店頭用POPをiPadでつくれるアプリ「POPKIT」に法人向け版が登場、月額4500円から

  8. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  9. VR市場沸騰中!新サービス開発のチャンス!!

  10. パナソニック、商用車向けGPS付ETC2.0車載器を発売

アクセスランキングをもっと見る

page top