【回転窓】防災対策を考え続ける 画像 【回転窓】防災対策を考え続ける

インバウンド・地域活性

 ある役所の土木技術者の方からメールを頂いた。東日本大震災から5年が経過し、震災当時の映像を見るたびに「我々はもっとすべきことがあったはずだ」と思うと反省の弁がつづられていた▼津波の専門家であるこの技術者は、震災後に数多くの会議などに出席。「最大級」の現象が起きた時への備えを訴え、想定される最悪のシナリオを考えることの大切さを繰り返し主張した▼国は震災後、数十年~百数十年に1回起きる「レベル1」と、数百年~千年に1回起きる「レベル2」の二つの津波レベルを定義した。これに沿ってレベル1まではハード整備で、それ以上は避難などのソフト対策で対応するという考えの自治体が増えている▼技術者は、この二つのレベルでよかったのかと自問する。レベル1と2の間にある津波をどう考えるのか。ハード整備の担当者として「レベル1・5を設定する必要があるのではないか」と結んでいた▼巨大災害に対し、ハード対策にすべて頼るのは現実的ではない。ただ、国民の命を守る防災技術者として、何が最適な対策か常に考え続けるテーマであることは間違いない。

回転窓/防災対策を考え続ける

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

    北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  6. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  9. 沖縄県宮古島市/下地島空港旅客ターミナル、ネット・ゼロ・エネルギービルの実現へ

  10. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

アクセスランキングをもっと見る

page top