【回転窓】防災対策を考え続ける 画像 【回転窓】防災対策を考え続ける

インバウンド・地域活性

 ある役所の土木技術者の方からメールを頂いた。東日本大震災から5年が経過し、震災当時の映像を見るたびに「我々はもっとすべきことがあったはずだ」と思うと反省の弁がつづられていた▼津波の専門家であるこの技術者は、震災後に数多くの会議などに出席。「最大級」の現象が起きた時への備えを訴え、想定される最悪のシナリオを考えることの大切さを繰り返し主張した▼国は震災後、数十年~百数十年に1回起きる「レベル1」と、数百年~千年に1回起きる「レベル2」の二つの津波レベルを定義した。これに沿ってレベル1まではハード整備で、それ以上は避難などのソフト対策で対応するという考えの自治体が増えている▼技術者は、この二つのレベルでよかったのかと自問する。レベル1と2の間にある津波をどう考えるのか。ハード整備の担当者として「レベル1・5を設定する必要があるのではないか」と結んでいた▼巨大災害に対し、ハード対策にすべて頼るのは現実的ではない。ただ、国民の命を守る防災技術者として、何が最適な対策か常に考え続けるテーマであることは間違いない。

回転窓/防災対策を考え続ける

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

    新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

  4. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  8. 渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

  9. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  10. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top