自動ドアのセキュリティを強化!後付け型IC認証式タッチスイッチ 画像 自動ドアのセキュリティを強化!後付け型IC認証式タッチスイッチ

制度・ビジネスチャンス

 シーズンテックは、11日まで東京ビッグサイトで開催されている「SECURITY SHOW2016」にて、タッチスイッチ式の自動ドアをIC認証ゲートに変える「IC Auto door touch」の展示を行った。

 スイッチを押さない限り無闇に開かないため、店舗や商業施設の入り口に設置されていることも多いタッチスイッチ式の自動ドア。そのタッチスイッチ式の自動ドアのセキュリティを高めることができるのが同製品となる。

 タッチスイッチを押した後、ICカードをかざすとドアが開くという仕組みで、タッチスイッチ部分の子機を交換するだけで自動ドアをICカード認証の自動ドアに変えることができるのだ。

 同製品は、電池式のため、追加の電源工事は不要。最大10,000ユーザーの登録が可能で、入退履歴も10,000件まで管理できる。

 登録者のみ入場できる時間帯と、誰でも自由に入場できる時間帯を任意に設定できるので、たとえば店舗の営業時間内はフリー入場に設定し、閉店後はスタッフや納品業者、清掃業者など、IC登録者のみ入場できるようにするといった使い方も可能だ。

 具体的な価格などは未定だが、今年夏ごろの販売を予定しているとのこと。
《防犯システム取材班/小菅篤》

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  3. 名古屋港のポートアイランド、活用策を探る

    名古屋港のポートアイランド、活用策を探る

  4. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  5. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  6. SCなどの商業施設開業動向、17年下期予定は25カ所/リモデルや中小型化にシフト

  7. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  8. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  9. 六角形段ボールで資材費減! 隙間を省くほかPRスペースも拡大

  10. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

アクセスランキングをもっと見る

page top