回転窓/舗装構造の概念変える 画像 回転窓/舗装構造の概念変える

IT業務効率

 今年が生誕300年、没後220年に当たるフランスの著名な土木技術者と言えば、トレサゲ(1716~1796年)がその人。道路工学を学んだ方ならよく知る技術者であろう▼トレサゲは、舗装の路面と路床を上方へ凸状に反らせる工法を提案した。排水を路肩に流して路床への浸透を防ぐ構造で、耐久性を高めるのが目的だった▼だが、後にこの工法では路床を傷めてしまうことが分かる。そして英国のテルフォード(1757~1834年)は路床が平面の新しい舗装断面を考案。これが近代舗装の芽生えになった(日本道路建設業協会ホームページより)▼1970年代に、遮水機能が求められる舗装の概念を大きく変えた透水性舗装が日本で導入される。南アフリカで見たポップコーン舗装を参考にしたと、透水性舗装の研究開発に尽力した三浦裕二日大名誉教授が書いている▼舟運文化の再興にも力を注いだ三浦氏が先月22日に死去した。「雨を地中に戻す透水性舗装。その水の行き先は川。川は道。水は舗装。舟は自動車と考えれば川を使わない手はない」。享年80。実に懐が深い土木屋であった。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

    「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

  2. 新型の無人探査機で桟橋下面を点検、清水港で現地実験

    新型の無人探査機で桟橋下面を点検、清水港で現地実験

  3. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. 実際儲かる?…米国Uberドライバーの生の声《前編》

  5. 次世代IoTシステムの規格化を目指す業界団体が発足、オープンイノベーションへ

  6. モノづくりの課題を解決、“共創型”商品企画・量産支援サービス

  7. 建設会社がノウハウ生かしてウニ養殖へ!

  8. NTTドコモ、リース・レンタカー事業者の車両管理やコミュニケーション機能に便利なサービスを提供

  9. ヒューマンリソシア、ミャンマー企業と提携でITオフショア事業

  10. 部品イラストで発注できるシステム…ブロードリーフ

アクセスランキングをもっと見る

page top