ドローンへのワイヤレス充電が可能に!日本電業工作とエンルートが実証実験 画像 ドローンへのワイヤレス充電が可能に!日本電業工作とエンルートが実証実験

IT業務効率

 日本電業工作とエンルートは9日、ドローン搭載バッテリーに対してワイヤレス充電を行う実証実験にて、6直列リチウムイオンバッテリー(2,200mAh)が約2時間で充電できることを確認したことを発表した。

 実証実験では、送電器、送電アンテナ及び電波を直流に変換するレクテナをセットにした日本電業工作のマイクロ波給電システム「MiRAC 2.4GHz」を、エンルート製のドローンベースラックとドローンに4台実装し、ベースラックに収納したドローンへ最大50Wの非接触給電を行った。

 結果、充電電流値は1A以上で、ドローンに搭載されたバッテリー(6直列リチウムイオン、2200mAh)を約2時間で満充電できることが確認できた。また、4台のドローンに対して順次切り替えて充電することも可能とのこと。

 これまでバッテリー交換には一定の手間を必要としていたが、同技術ならベースラックにドローンを置くだけで充電が行える。また、従来の接触型の充電と比べると接続端子がないことから防塵・防水性能を向上させたり、充電不良や降雨などによるショートを防げる。

 「MiRAC」シリーズはドローンや産業用ロボットへの給電システムとして日本電業工作が提供しており、現在は5.8GHz帯を使用した最大750W出力の「MIRAC Hi-Power 5.8GHz」と最大50W出力の「MIRAC Low-Power5.8GHz」がラインナップされており、今後、2.4GHz帯での実用化に向けてさらなる軽量化や、様々な用途への適用に向けて開発を進めていく。

 伝送効率は横ズレ±10mmの範囲で80%以上を達成しながら受電装置は30g以下と、電磁誘導コイルなどと比較すると圧倒的に軽量となっている。

 26日から幕張メッセで開催される「ジャパン・ドローン2016」ではエンルートのブースで展示が行われる予定だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

  3. 橋本店、i-Con促進へ。社員教育と技術伝承に活用

    橋本店、i-Con促進へ。社員教育と技術伝承に活用

  4. ICTで警備を強化、NECとALSOKが協業

  5. 「アスクルの物流大改革」VS「アマゾン・楽天」!!

  6. 1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化

  7. 東日本高速会社が外環道・田尻工事でシールド機発進、外径13m超

  8. TO-252-5と実装互換の車載用ボルテージレギュレーター……SII

  9. 来店客や販売員の動きを分析「屋内位置測位ソリューション」の活用法

  10. 防災ステーションとして使えるWi-Fi機能付き照明灯

アクセスランキングをもっと見る

page top