三菱地所の大名古屋ビルヂングが全面開業、さらに愛されるビルに 画像 三菱地所の大名古屋ビルヂングが全面開業、さらに愛されるビルに

インバウンド・地域活性

 三菱地所が名古屋市中村区名駅3で建設を進めてきた「大名古屋ビルヂング」が9日、全面開業した。ビルは昨年10月に完成、オフィスなどが順次入居していた。今回、地下1階から地上5階などに入る店舗、7階から16階の情報発信・サービス拠点がオープンし、全面開業を迎えた。
 セレモニーで杉山博孝三菱地所社長は「市民に親しまれた旧大名古屋ビルを引き継ぎ、さらに愛されるビルにし、名古屋の発展に貢献したい」と話した。この後、西川幸男名古屋駅地区街づくり協議会長、阿部小百合イセタンハウス店長、女優で三菱地所CM契約タレントの桜庭ななみさん、杉山社長がテープカットを行い、全面開業を祝った。
 同ビルは、旧大名古屋ビルなどを取り壊した跡地に建設された。規模はS・SRC造地下4階地上34階建て延べ約14万8000平方メートル。事務所、店舗、地域冷暖房施設、駐車場などで構成する。設計・監理を三菱地所設計、施工を清水建設、東光電気工事、きんでん、新菱冷熱工業、高砂熱学工業、斎久工業、三菱電機が担当した。
 今回オープンした店舗は74店。三越伊勢丹のファッションセレクトストア「イセタンハウス」を中核に物販、新たなレストランなどが入っている。

三菱地所/大名古屋ビルヂング(名古屋市中村区)が全面開業/さらに愛されるビルに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

    神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  6. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  7. ~Sakeの海外戦略:2~酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 【爆買いの次に来るもの:5】中小企業のためのチェックポイント!

  10. 世界貿易センタービルなど浜松町駅開発、本格着工へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top