国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も 画像 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

マネジメント

 国土交通省は8日、近畿地方整備局が発注した工事を受注した元請業者が社会保険未加入の1次下請業者を使って施工したことが判明したとして、この元請業者を同日から4月7日まで1カ月の指名停止とした。直轄工事で試行中の社会保険未加入対策に基づく措置で、指名停止が行われたのは初めて。元請業者には下請契約額の1割の額を制裁金として請求。工事成績評定でも減点措置を講じる。
 建築解体工事を受注した建築Dランクの元請業者が使った1次下請のとび・土工工事業者が、3社会保険のうち健康保険と厚生年金の二つに入っていなかった。施工体制台帳の加入状況欄を整備局担当者が確認したところ、「未加入」と記載されていたため発覚した。この未加入業者はすぐに加入したことから、発注部局から建設業担当部局への通報は行わなかったという。
 直轄工事での社会保険未加入対策は14年8月から試行。15年4月に施行された改正公共工事入札契約適正化法(入契法)で全公共工事に施工体制台帳の作成・提出が義務付けられたのを受け、15年8月からは下請を使うすべての工事が対象になっている。今回は拡大後に対象となった請負代金3000万円程度の工事だったという。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

    八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  2. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 日本工営、英国設計会社トップを買収へ、企画提案力と受注競争力強化

  5. 森トラスト、全国7カ所の「ラフォーレホテルズ&リゾーツ」を大規模改修

  6. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

  7. ランドセル販売、いちばん売れるのは8月――お盆・帰省・祖父母がキーワード

  8. 大阪府立病院機構、呼吸器・アレルギー医療センターの施設整備を計画

  9. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  10. オオバ、生産緑地の活用策を提案するコンサル事業開始

アクセスランキングをもっと見る

page top