竹中工務店/データセンター向け省エネ空調システム開発/ラック背面に冷媒循環装置 画像 竹中工務店/データセンター向け省エネ空調システム開発/ラック背面に冷媒循環装置

マネジメント

 竹中工務店は8日、データセンターの建設・リニューアル向けに新しい空調システムを開発したと発表した。サーバーラックの背面で冷却するリアドア空調方式と冷媒自然循環方式を組み合わせた。機器に影響を与える水を持ち込まずに高効率の熱交換を実現できるのが特徴で、サーバー室全体を空調する方式に比べ、サーバー冷却用のエネルギーを16%削減可能という。企業内に設置されるデータセンターをターゲットに、16年度に100基の採用を目指す。
 熱を発生するサーバーを多く収納するデータセンターは、室内の温度調節に大量のエネルギーを消費する。部屋単位で冷却する従来型の空調では、施設全体で使う電力の約半分のサーバーの冷却に使われており、その削減が課題になっている。
 開発した「リアドアVCS」は、冷却コイルや配管を通した3層構造のドアをサーバーラックの背面に取り付ける。冷却冷媒にエアコンなどで使われる冷媒ガスを採用するため、漏水の心配がない。オフィスビルなどで実績を重ねてきた同社の冷媒自然循環方式を導入。液とガスの比重差と圧力差により動力なしで冷媒を循環させられるという。
 従来式で必要となる冷却空気を送るための床下空間や天井内空間を最小化できる。大きな空調機械室も不要で、サーバーラックの効率的な配置につながる。
 技術研究所で実証試験を行い、冷却性能を確認した。設置コストは多少増えるが、ランニングコストを含めたトータルでは、サーバー室全体を空調する方式よりも低コストになる。リアドア空調方式と冷媒自然循環方式を組み合わせた空調は他社にもあるが、約4分の1のコストで設置できるという。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  2. やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

    やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

  3. 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

    乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

  4. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

アクセスランキングをもっと見る

page top