夜間時の遠距離カラー撮影に適したネットワークカメラなど6機種を発表……キヤノン 画像 夜間時の遠距離カラー撮影に適したネットワークカメラなど6機種を発表……キヤノン

IT業務効率

 キヤノンは7日、遠距離からの夜間監視でもカラー撮影が可能な「VB-M50B」や、光源がない0ルクス環境下でも20m先まで白黒撮影ができる「VB-H652LVE」など、ネットワークカメラ6機種を3月下旬より順次発売することを発表した。

 「VB-M50B」は、おもに河川や港湾の監視を想定した製品で、望遠端の最低被写体照度は0.07ルクスで、肉眼の認識が困難な低照度環境でも100m先の人物をカラーで認識できる。大口径光学5倍ズームレンズを搭載し、焦点距離126mm~630mm。集光効率がいいレンズということもあり、遠方監視望でもクリアな描写が可能になっている。別売りのハウジングを装着することで屋外でも使用可能だ。

 一方で「VB-H652LVE」の最大の特徴は、光源がない0ルクス環境下でも白黒画像で撮影できる点。仕組みとしては、赤外照明を搭載しており、最長20m先まで撮影することができる。水平画角122.1度の広角レンズを搭載し、IK10準拠の耐衝撃性能やIP66準拠の防塵・防水性能に加え、-40度~+55度の過酷な環境下で撮影可能。光源がない夜間の倉庫や工場、建物の軒下など、屋内外での使用が想定されている。

 他のモデルはフルHD対応で光学30倍ズーム、360度のフル旋回が可能な「VB-R13VE」「VB-R12VE」(屋外モデル)「VB-R13」(屋内モデル)、水平画角122.1度の屋内用ドームモデル「VB-H651V」となっている。

 発売時期は3月下旬~7月下旬で、価格は19万8,000円~66万円(税別、VB-M50Bはオープン価格)。またネットワークカメラを最大512台まで一元管理できるネットワークビデオレコーディングソフトウエア「RM v4.2シリーズ」の発売も合わせて発表されている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

    横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  4. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  5. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  6. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  7. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  8. 見守りサービスの普及拡大のカギになる!? IoT防犯システム

  9. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  10. アドバンストメディア、音声認識を施工管理プラットフォームに/iPhoneやiPadで

アクセスランキングをもっと見る

page top