照明・空調・防災設備を一体化……省エネと快適性を両立する「CEILING FREE」 画像 照明・空調・防災設備を一体化……省エネと快適性を両立する「CEILING FREE」

IT業務効率

 ダイダンは7日、照明・空調・防災などの設備機能を集約した一体型ユニット「CEILING FREE(シーリング フリー)」を開発したと発表した。

 照明器具と空調機器が一体になった「空調機器タイプ」と、照明器具と設備プレートが一体化した「設備プレートタイプ」があり、設備プレートには火災感知(煙・熱)、非常照明(誘導灯)、館内放送用スピーカー、制御用センサーなどを1ユニットに最大3つまで設置可能。

 「CEILING FREE」の照明は発光面の4分の1が円状に湾曲しており、放射状に光を放つことで少ない照明の出力でもオフィス全体が明るく感じるようにすることができる。従来の照度基準ではなく、人が感じる「明るさ感」という指標に基き、一般的なオフィス照明よりも少ないエネルギーで快適な照明環境を実現するという。明るさセンサーを導入することで自然光を利用した照明エネルギーの削減も可能だ。

 空調方式にはアクティブチルドビーム方式を採用。部屋の温度に近い空気を吹き出すので室内の温度ムラが生じず、照明器具の湾曲面に沿った気流が形成されるため、風が身体に直接当たらず不快感のない快適な環境を構築できる。さらに地中熱や太陽熱等の自然エネルギーを使用することで、化石燃料由来のエネルギー消費を10%~20%程度削減できるという。

 また、一般的なオフィスでは、天井ボードを構築した後に必要な設備を設置するが、「CEILING FREE」は建物躯体から直接吊り下げるだけで照明・空調・防災などの機能を設置できるため、天井ボードの設置が不要。工期を短縮することができる。施工コストは一般的なオフィスビルの場合で10万円~15万円/平方メートルを想定している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

    大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  2. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

    【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  3. トンネル工事用の切羽前方探査システム、3次元モニタリングで安全確保

    トンネル工事用の切羽前方探査システム、3次元モニタリングで安全確保

  4. ウェブ接客ツール、自治体にも…広島県竹原市が38団体横断導入

  5. FCフォークリフト、関西国際空港にて実証開始…豊田自動織機

  6. 菅公学生服の社団法人、「教育ソリューション事業」を目指す

  7. “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

  8. 東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

  9. 後発薬の普及で収益が圧迫する製薬業界。今期の研究開発投資は?

  10. 3Dプリンターで、農家好みのキャベツを作る!

アクセスランキングをもっと見る

page top