ソフトバンクグループの新戦略、事業を「海外」「国内」で完全分割 画像 ソフトバンクグループの新戦略、事業を「海外」「国内」で完全分割

マネジメント

 国内ではソフトバンクやYahoo! JAPAN、海外ではSprintやAlibabaなどの事業を手掛けているソフトバンクグループ。

 同社では、「海外事業」と「国内事業」を“成長の両輪”とする戦略と位置付けていたが、それをさらに明確化する形で組織再編に着手することを発表した。

 それによると、新たに海外事業統括会社と国内事業統括会社を日本国内に設置するとのこと。海外事業統括会社のトップには、現副社長のニケシュ・アローラ氏が、国内事業統括会社のトップには、現取締役でソフトバンク社長の宮内謙氏が就任する。これにより、権限の明確化と機動的なグループ運営を目指すという。

 いずれの会社も名称は未定。既存の100%子会社を活用して、3月中に設置する。今後は年内を目途に、それぞれの会社に、現在ソフトバンクグループが保有する株式を譲渡・移管する。これにより、ソフトバンクは国内事業統括会社が、Starburst I(Sprintの持株会社)は海外事業統括会社が管轄するとのこと。
《冨岡晶》

マネジメント アクセスランキング

  1. ブレンド米で勝負! すし、丼……用途限定 業務向け単価高く

    ブレンド米で勝負! すし、丼……用途限定 業務向け単価高く

  2. 登録基幹技能者の処遇改善に助成…賃金引き上げ後押し

    登録基幹技能者の処遇改善に助成…賃金引き上げ後押し

  3. 女性社長の多い業種、大学は?……全国女性社長分析

    女性社長の多い業種、大学は?……全国女性社長分析

  4. 公営住宅にコンセッションは困難、国交省の調査結果で

  5. やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

  6. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  7. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  8. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  9. アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

  10. 日立の掲げる「協創」というコンセプト

アクセスランキングをもっと見る

page top