ソフトバンクグループの新戦略、事業を「海外」「国内」で完全分割 画像 ソフトバンクグループの新戦略、事業を「海外」「国内」で完全分割

マネジメント

 国内ではソフトバンクやYahoo! JAPAN、海外ではSprintやAlibabaなどの事業を手掛けているソフトバンクグループ。

 同社では、「海外事業」と「国内事業」を“成長の両輪”とする戦略と位置付けていたが、それをさらに明確化する形で組織再編に着手することを発表した。

 それによると、新たに海外事業統括会社と国内事業統括会社を日本国内に設置するとのこと。海外事業統括会社のトップには、現副社長のニケシュ・アローラ氏が、国内事業統括会社のトップには、現取締役でソフトバンク社長の宮内謙氏が就任する。これにより、権限の明確化と機動的なグループ運営を目指すという。

 いずれの会社も名称は未定。既存の100%子会社を活用して、3月中に設置する。今後は年内を目途に、それぞれの会社に、現在ソフトバンクグループが保有する株式を譲渡・移管する。これにより、ソフトバンクは国内事業統括会社が、Starburst I(Sprintの持株会社)は海外事業統括会社が管轄するとのこと。
《冨岡晶》

マネジメント アクセスランキング

  1. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  2. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

    「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

  5. LANケーブルから給電、小規模店舗向け監視カメラシステム――トライポッドワークス

  6. 愛媛県がUIJターン支援、県外からの人材雇用に最長3か月間給料など助成

  7. 大阪府立病院機構、呼吸器・アレルギー医療センターの施設整備を計画

  8. 独ZFの米TRW買収が完了――巨大Tier1サプライヤー誕生

  9. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  10. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

アクセスランキングをもっと見る

page top