ソフトバンクグループの新戦略、事業を「海外」「国内」で完全分割 画像 ソフトバンクグループの新戦略、事業を「海外」「国内」で完全分割

マネジメント

 国内ではソフトバンクやYahoo! JAPAN、海外ではSprintやAlibabaなどの事業を手掛けているソフトバンクグループ。

 同社では、「海外事業」と「国内事業」を“成長の両輪”とする戦略と位置付けていたが、それをさらに明確化する形で組織再編に着手することを発表した。

 それによると、新たに海外事業統括会社と国内事業統括会社を日本国内に設置するとのこと。海外事業統括会社のトップには、現副社長のニケシュ・アローラ氏が、国内事業統括会社のトップには、現取締役でソフトバンク社長の宮内謙氏が就任する。これにより、権限の明確化と機動的なグループ運営を目指すという。

 いずれの会社も名称は未定。既存の100%子会社を活用して、3月中に設置する。今後は年内を目途に、それぞれの会社に、現在ソフトバンクグループが保有する株式を譲渡・移管する。これにより、ソフトバンクは国内事業統括会社が、Starburst I(Sprintの持株会社)は海外事業統括会社が管轄するとのこと。
《冨岡晶》

マネジメント アクセスランキング

  1. 「不動産会社から相手にされない物件」を売るウェブサービス登場

    「不動産会社から相手にされない物件」を売るウェブサービス登場

  2. 「インスタグラム」のPR効果に注目、JA全農などキャンペーン展開

    「インスタグラム」のPR効果に注目、JA全農などキャンペーン展開

  3. IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

    IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

  4. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  5. 特装車事業好調で増収増益……極東開発工業、第1四半期決算

  6. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  7. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

  8. 東西日本で連携する事業創造プログラム、ビジネスプランを公募開始

  9. CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

  10. 三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調

アクセスランキングをもっと見る

page top