もうすぐ東日本大震災から5年、関連倒産の件数はなんと! 画像 もうすぐ東日本大震災から5年、関連倒産の件数はなんと!

インバウンド・地域活性

 東日本大震災の発生から丸5年を迎える11日に先立ち、東京商工リサーチは、7日現在の震災関連倒産の件数を調査。その結果、5年間で累計1703件にのぼることがわかった。

 年別に見ると、初年の2011年は544件で、2年目の12年は前年比9.9%減の490件、13年が同32%減の333件、14年が同47.4%減の175件、15年が同19.4%減の141件。今年は3月7日現在で20件を数え、震災の影響がいまだに及んでいる。

 産業分野別では、最も件数が多いのは宿泊業や飲食店などを含む「サービス業他」で447件。以下、「製造業」が389件、「卸売業」が313件、「建設業」が210件、「小売業」が159件と続いている。宿泊業や飲食業に与えた影響が大きかった要因としては、震災による直接的な被害はもちろん、レジャー・観光に対する自粛ムードや風評も見逃せない。結果的に、倒産の範囲は島根県を除く46都道府県に広がった。

 なお、震災関連倒産による従業員の被害者数は、7日現在で2万7052人に及び、これは1995年の阪神・淡路大震災に比べて6.1倍に膨らんだ。震災からの復興が待ち望まれる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

    「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 六本木ヒルズが開業15周年、コンパクトシティーの先駆け

    六本木ヒルズが開業15周年、コンパクトシティーの先駆け

  4. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  5. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  8. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  9. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  10. 品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

アクセスランキングをもっと見る

page top