“2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾 画像 “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

イベント

 「工場で2S改善を始めたところ、数年後に工場の生産能力が向上し、受注が増え、大きく成長したという企業が実は決して少なくないのです」。このように話すのは日本生産性本部主席経営コンサルタントの武川俊幸氏。2Sとは、「整理・整頓・清掃・清潔・躾」という5Sのうちの“整理”と“整頓”で、武川氏は5Sの中でもこの2つをコアに位置付け、“2S改善マラソン”の取り組みを中小のものづくり企業に指導している。冒頭はその成果だ。

 「まずは工場にある工具や部品、書類などを整理・整頓して、工場からムダなものを取り除こうよ、必要なものだけを置こうよ、というわけです。これはつまり“探す手間と時間のムダ”を省くこと。実際、私が指導させていただいた工場では、30分間かけて、工具を保管する棚を1つ整理・整頓しただけでも、棚がスッキリとして使いやすくなり、改善の効果を実感して、その後も2S改善に取り組むモチベーションが高まったというケースがとても多いです」(武川氏、以下同)。

 ここでポイントとなるのは、2S改善を大がかりに進めるのではなく、小さく少しずつ始めるということ。前述の例では、整理・整頓の対象を1つの棚に絞り、30分間というわずかな時間に制限して臨んでいるが、「実践する、始めるということが大事で、行動に移しやすくするためにハードルを低くするのが重要」なのだ。

 武川氏は、2S改善を1回30分間で週1回、約3か月弱で全10回をひと区切りとして始めるように指導している。通常の業務を中断させ、30分間も2S改善に時間を割くことへの抵抗はあるだろうが、「勤務時間が1日8時間で週に5日間ですと40時間(2400分間)となりますが、このうちの30分間というのは割合にして1.25%。これまでご指導させていただいた中で、週にわずか1.25%でも2S改善に割けませんかと尋ねると、さすがにどの企業も取り組まざるを得ないと気持ちを切り替えます」という。

 武川氏はまた、全10回を終えた時点で必ず終了報告会を設けるようにも指導している。「経営者や工場長が、2S改善が終わるたびに毎回きれいになったね、工具を探しやすくなったね、と褒めて労をねぎらってあげるだけでも、従業員にとっては達成感が得られるでしょう。2S改善が永遠に続くかと思うと苦痛に感じがちですが、全10回でひと区切りがつき、大きな達成感が得られれば、よしもう10回やってみようとモチベーションが高まり、結果的に2S改善の継続につながります」と指摘する。

 例えば市民ランナーがマラソンを始めたとき、いきなり42.195kmのフルマラソンにチャレンジすることはないだろう。最初は5km、次は10km、そして15kmと徐々に距離に延ばしていくのが一般的で、そのほうがマラソンへの取り組みが長続きする。2S改善も同じように小さく少しずつ始めて長続きさせる、つまり“2S改善マラソン”なのだ。

 “2S改善マラソン”は、「探すムダをなくす」「必要なものだけを置く」「置き場所を決める」の3点を基本とする。しかし、1回30分間の回を重ねるうちに、やがて次はこの棚を整理・整頓したほうがよい、以前改善したこの棚はこのように整理・整頓し直したほうがよいと、積極的に取り組む従業員が現れる。そうなると次のステップは、整理・整頓のさらなる工夫だ。

 例えばある工具について、置き方や置く場所を工夫することで、工具を取りに行く回数や置き場所までの歩数が減った。もしくは、身体をかがめたり手を伸ばさなければ取れなかったものが楽に取れるようになるなど、手間や時間のムダをさらに省けるほか、体への負担も軽減できる。これを武川氏は「タッチ数」「歩行数」「ストライクゾーン」というキーワードで説明するが、これらの3つは積極的な従業員に対し、“ムダに気づく眼を養う”上でカギを握る。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【イーコマースEXPO:1】 BtoB-ECで営業の効率化を実現!

    【イーコマースEXPO:1】 BtoB-ECで営業の効率化を実現!

  2. 【ギフト・ショー】海外で大ヒット、空気で膨らませるバブルスパ

    【ギフト・ショー】海外で大ヒット、空気で膨らませるバブルスパ

  3. 【ギフト・ショー秋2016:3】今日できるディスプレイ改善術

    【ギフト・ショー秋2016:3】今日できるディスプレイ改善術

  4. 退職予備軍の検知にAI!? 進化する機械学習/Interop Tokyo 2017

  5. 【国際コインランドリーEXPO:3】繁盛店の新規参入ノウハウ!

  6. 佐川急便ドライバーコンテスト――佐川「女子」にも注目

  7. 【国際ロボット展】ロボット配線たるみを解決、伸縮電線「ROBODEN」

  8. 国際フラワーEXPO、グランプリは?

  9. 【CEATEC 15】CPS/IOTエキシビションとして新たにスタート

  10. 重要なのは“自分ごと”としてみてもらえるコンテンツ/デジタルサイネージジャパン

アクセスランキングをもっと見る

page top