大阪府が頑張る中小企業を資金サポート、追加メニュー拡充 画像 大阪府が頑張る中小企業を資金サポート、追加メニュー拡充

制度・ビジネスチャンス

 大阪府では中小企業を資金面からサポートすべく、さまざまな制度融資を実施している。このうちの「金融機関提案型融資」において、新たに関西アーバン銀行と三井住友銀行の提案による融資メニューが加わった。

 関西アーバン銀行の新たな融資メニューは「大阪府・成長企業支援融資(設備特化型)」。設備資金を対象に、信用保証なしで10億円を限度額として融資する。

 一方の三井住友銀行の新融資メニューは「SMBC事業継続計画診断付融資(大阪府連携)」。事業継続計画(BCP)を開始する資金、もしくは維持・向上する資金を対象とし、信用保証なしで3億円(うち無担保1億円)、信用保証付で2億8000万円(うち無担保8000万円)を上限とする。ただし、BCPの診断(有料)を受ける必要があるとのことだ。

 今回の追加により、「金融機関提案型融資」は19金融機関・58メニューのラインアップとなる。「金融機関提案型融資」は府が実施する「大阪ものづくり優良企業賞」や「大阪製ブランド認証」にも活用され、同受賞企業や同認証企業は優遇金利で融資を受けられる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

    東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  3. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  4. 建設産業のこれから、「選ばれる産業」へ

  5. 川崎の貨物駅でリニア中央新幹線の起工式。未来が近づいてきた!

  6. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  7. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  8. ゼネコン上場大手4社、16年4~9月期決算。五輪関連の建設需要で最高益!

  9. 博多・アイランドシティまちづくりエリア開発事業、スタート!

  10. 国交省「技能者キャリアパス見える化検討会」が始動

アクセスランキングをもっと見る

page top