大阪府が頑張る中小企業を資金サポート、追加メニュー拡充 画像 大阪府が頑張る中小企業を資金サポート、追加メニュー拡充

制度・ビジネスチャンス

 大阪府では中小企業を資金面からサポートすべく、さまざまな制度融資を実施している。このうちの「金融機関提案型融資」において、新たに関西アーバン銀行と三井住友銀行の提案による融資メニューが加わった。

 関西アーバン銀行の新たな融資メニューは「大阪府・成長企業支援融資(設備特化型)」。設備資金を対象に、信用保証なしで10億円を限度額として融資する。

 一方の三井住友銀行の新融資メニューは「SMBC事業継続計画診断付融資(大阪府連携)」。事業継続計画(BCP)を開始する資金、もしくは維持・向上する資金を対象とし、信用保証なしで3億円(うち無担保1億円)、信用保証付で2億8000万円(うち無担保8000万円)を上限とする。ただし、BCPの診断(有料)を受ける必要があるとのことだ。

 今回の追加により、「金融機関提案型融資」は19金融機関・58メニューのラインアップとなる。「金融機関提案型融資」は府が実施する「大阪ものづくり優良企業賞」や「大阪製ブランド認証」にも活用され、同受賞企業や同認証企業は優遇金利で融資を受けられる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  7. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  8. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  9. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  10. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

アクセスランキングをもっと見る

page top