ドローンの操縦にも万が一の備え! JUIDA会員向けドローン保険 画像 ドローンの操縦にも万が一の備え! JUIDA会員向けドローン保険

制度・ビジネスチャンス

 損害保険ジャパン日本興亜は7日、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の会員向けに団体ドローン保険制度を引き受けると発表した。4月1日からの保険開始に向けて案内・募集を開始した。

 補償内容は、「基本補償」として、ドローンの所有、使用または管理に起因した事故により、他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたこと等によって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合の保険金、「人格権侵害補償」として、被保険者の業務上の行為に起因するプライバシーの侵害について、被保険者が法律上の賠償責任を負った場合の保険金を支払う。

 また、「操縦訓練費用保険金」として、基本補償の対象となるような損害賠償請求がなされた場合において、被保険者が再発防止を目的として専門業者によって行なわれる操縦訓練を受けた場合には、操縦訓練費用を支払う。

 保険契約者はJUIDAで、被保険者はJUIDA会員の法人および個人事業主。主な加入プランとして、賠償責任補償1億円のプランでは、ドローン1機あたりの年間保険料は7200円。JUIDAではドローンの操縦に必要な知識や技術を認定する資格制度を実施しているが、このお資格を取得した会員向けの限定プランは、賠償責任補償3億円で、ドローン1機あたり年間保険料1万800円のプランも用意する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

    四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  4. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  5. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  6. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  7. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  8. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  9. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

  10. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

アクセスランキングをもっと見る

page top