宮城県・名取駅前地区再開発、3月中にも業務代行者と契約 画像 宮城県・名取駅前地区再開発、3月中にも業務代行者と契約

インバウンド・地域活性

 名取駅前地区市街地再開発準備組合(大浦法彦理事長)は、同地区再開発事業の特定業務代行者を公募した結果、鹿島・橋本店JVを第1優先交渉権者に決めた。3月中に契約する見通し。鹿島・橋本店JVのほか保留床を取得する企業なども参画する予定という。
 JR名取駅東口に隣接した地区に延べ約1・5万平方メートルの再開発ビルを建設する事業。
 計画地は、宮城県名取市増田4の25の2ほか。施行区域面積は約0・7ヘクタール。権利者は25人。
 施設建築物は北・南・P棟の3棟で構成され、全体の規模は延べ約1万5000平方メートルを想定している。
 内訳は、北棟がS造5階建て延べ約6200平方メートルで、図書館や公民館、商業施設などが入る。
 南棟はRC造11階建て延べ約6100平方メートルで、1~2階に商業施設や生活利便施設などを、3~11階に分譲マンションを配置する。中間免震を採用する。
 P棟は約100台分の自走式駐車場で、2層3段構造を想定。延べ約2200平方メートルを見込んでいる。
 現段階のスケジュールによると、特定業務代行者の決定を経て、今年春に再開発組合を設立する。今年夏の工事着手、18年春の完成・オープンを目指す。
 事業協力者は、山下設計・関・空間設計・都市デザインJV。基本設計も同JVが担当した。
 同地区では14年10月に準備組合が発足した。東日本大震災で市立図書館や増田公民館などが被災したことから、これらを含めた複合施設として集約化するとともに、再開発事業を一体的に行うことで地域活性化につなげる。
 再開発に合わせ、名取市の単独工事としてペデストリアンデッキの設置が予定されている。

名取駅前地区再開発(宮城県名取市)/鹿島・橋本店JVに業務代行者交渉権/準備組合

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

    那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

    日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 小田原市のお城通り地区交流施設、宿場町のにぎわいを演出

  6. 日本中小企業学会大会と、「地方創生」の課題

  7. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  8. リニア新幹線、静岡県内導水路トンネル新設/南アルプストンネル建設に伴う施策

  9. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  10. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

アクセスランキングをもっと見る

page top