建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に 画像 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

マネジメント

 国土交通省は、建設業許可を受ける際に必要な経営業務管理責任者の要件を見直し、商法上の位置付けが明確化されていない「執行役員」なども追加する。15年6月に閣議決定した規制改革実施計画に基づく措置で、取締役会や代表取締役から具体的な権限移譲を受けていれば、取締役や商法上の執行役と同等の扱いにする。4月上旬に許可基準や許可事務ガイドラインなどの関連通達を見直すため、改正内容への意見募集を始めた。
 現行基準では、許可要件の一つである経営業務管理責任者について、法人の場合は「業務を執行する社員、取締役、執行役またはこれらに準ずる者」のうち常勤者の中から1人を定めるとしている。対象者には「5年以上の経営業務の管理責任経験等を有する者」「同等以上の能力を有する者」という規定がある。
 国交省はこれに執行役員を追加するため、土地・建設産業局建設業課長名の通達「建設業許可の基準および標準処理期間について」「建設業許可事務ガイドライン」を改正する。
 経営業務管理責任者となる人の経験を確認するために提出を求める「過去に行った請負契約の締結等経営業務に関する決裁書」などの代替として、取締役会の議事録や人事発令書なども認め、提出書類を最小限にする。

国交省/執行役員も経営業務管理責任者に/4月に業許可基準改正

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

    JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  3. 本日の新聞から:電機大手ベア3000円要求、東芝・シャープは離脱

    本日の新聞から:電機大手ベア3000円要求、東芝・シャープは離脱

  4. 「民間工事にも発注者責任を」…基礎杭問題の予防策議論

  5. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  6. 九州整備局と福岡県、女性技術者登用現場で見学会開催

  7. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  8. 「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

  9. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  10. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top