泡盛を首都圏に速く、安く! 沖縄県酒造組合10社が共同物流構築 画像 泡盛を首都圏に速く、安く! 沖縄県酒造組合10社が共同物流構築

インバウンド・地域活性

 沖縄県酒造組合(那覇市、玉那覇美佐子会長、098・868・3727)は、泡盛の共同物流体制を構築、首都圏向けの競争力を高める。組合員10社による共同輸送と、東京都内の物流センターの運用を始めた。2018年までに首都圏向け出荷の6割を集約する。減少傾向にある県外出荷の反転につなげる。将来は東京での保税蔵置も実現したい考え。

 2月に共同輸送で初出荷した。各社で行っていた物流を集約してコストを低減し、売価に弾力性を持たせる。倉庫を置いていなかったメーカーは顧客へのリードタイムを短縮する。

 物流センターは日本通運の東京食品ターミナル事業所(東京都大田区)の約330平方メートルを賃借する。16年度利用料は沖縄県が「物流高度化推進事業」で3分の2を補助する。

 酒税は工場出荷時に課税されるため、東京の物流センターを保税蔵置場とすることにより、客先に出荷する時点で課税される体制づくりも目指す。

泡盛を首都圏に速く、安く!10社が共同物流体制を構築

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

    知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  4. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top