訪日外国人客を“訪日前”に囲い込めるサービス登場! 画像 訪日外国人客を“訪日前”に囲い込めるサービス登場!

インバウンド・地域活性

 凸版印刷と全日空商事は7日、訪日外国人旅行者向け「取り置きサービス」を3月から開始すると発表した。

 同サービスは訪日外国人旅行者が訪日前に買いたい商品の購入予約を行い、訪日時に店舗で商品を受け取るというもの。商品の告知については、全日本空輸(ANA)が海外で発行している媒体や、訪日外国人観光客向けに日本の魅力を発信して誘客につなげるプラットフォーム「ANA Experience Japan」、機内誌などを利用する。

 訪日外国人旅行者にとっては、欲しい商品を確実に購入できるほか旅行の計画を立てやすくなるなどの利便性がある。一方の店舗では集客を高められるほか、事前予約により品揃えや在庫調整がしやすく、予約状況の分析で売れ筋を把握できるといったメリットを得られる。

 凸版印刷では、百貨店やスーパーマーケット、ドラッグストアなどの流通業をはじめ、飲料、食料、衣料といったメーカーなどに呼びかけ、2016年度に10社40店舗からの参加を目指すという。同サービスの利用価格は概算で、初期費用10万円~、月の運用費用10万円~。英語、繁体字、簡体字で対応する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  3. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

    【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  4. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  5. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  6. 埼玉県蓮田駅西口再開発、採算性から27階建てを14階建てに

  7. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

  10. 伊勢総合病院・新病院建設、南海地震時の拠点機能も

アクセスランキングをもっと見る

page top