男の加齢臭ケア、ロート製薬の男性用ボディソープはなぜ売れたのか 画像 男の加齢臭ケア、ロート製薬の男性用ボディソープはなぜ売れたのか

インバウンド・地域活性

 ロート製薬は2013年3月に男性用ボディーウォッシュ市場に「デ・オウ」シリーズを投入し、約3年で同市場のトップブランドに成長させた。男の加齢臭のニオイケアに正面から取り組む墨田康男商品企画部マネージャーに「デ・オウ」の成果について聞いた。

 ―「デ・オウ」開発のきっかけと他社品との差別化は何ですか。
 「当社は女性用スキンケア商品に力を入れているが、商品企画部の男性で同年代の中高年層対象の商品を開発したかった。加齢臭は特に中高年層の悩み。すでに当社既存品の制汗剤『リフレア』が、ワキガのニオイカットを商品で的確に表現している。『デ・オウ』も男の加齢臭の徹底洗浄を商品の前面に打ち出した。そのため薬用炭による吸着やニオイの発生原因の菌の殺菌など加齢臭を徹底洗浄する効果にもこだわった」

 ―どのように普及させていますか。
 「加齢臭はソープとお湯であっさり流しただけでは落ちない。特にニオイが気になる部分は泡立てず手で直接塗り込むなど洗い方も提案している。また『デ・オウ』は男性の大半が直接買うが、ネックは奥さんに購入を納得させること。第1弾としては浴室に置く、場所をとらないボトルタイプを発売した。中高年男性の一番の購入理由はニオイ対策ができると感じたこと。実際に『枕のニオイが変わった』などの声を頂き、リピーターが増えている」

 ―今後の市場見通しと品ぞろえ拡充の予定は。
 「2月15日に既存品をリニューアルし、洗浄力を30%アップさせ、ニオイを落とした後に再び出てくるニオイの発生を抑制するタイプやおしぼり、ワキの下用を追加した。『デ・オウ』計14品を生活シーンに合わせ提供する」

 「頭皮ケア、スキンケア、ニオイケアなどの男性のヘルス&ビューティーは今後も伸びる市場。ニオイケアは現状の2倍は期待できそうだ。『デ・オウ』がもっと身近なブランドになるために情報発信していきたい」
(聞き手=大阪・香西貴之)

男の加齢臭ケア。3年でトップブランドに育てたコツは「奥さんの納得」

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  6. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  10. 宮城県・名取駅前地区の再開発、大震災で変更・7年越しの事業が本格始動

アクセスランキングをもっと見る

page top