ものづくり日本大賞受賞技術がズラリ、上野博物館で特設展 画像 ものづくり日本大賞受賞技術がズラリ、上野博物館で特設展

インバウンド・地域活性

 上野公園の国立科学博物館で3月15日から4月3日にかけて、「ものづくり展 MONODZUKURI EXHIBITION」が開催される。第6回「ものづくり日本大賞」受賞案件の展示が中心となるイベントだ。

 ものづくり日本大賞は経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省が連携して2005年から隔年で開催しているもの。若手から熟練まで、ものづくりに携わる人のなかから特に優秀な人材を顕彰している。

 今回の展示では2015年10月に決定された受賞案件のうち、経済産業省が選定を行った内閣総理大臣賞および経済産業大臣賞の実物展示、特別賞ほかのパネル展示を行う。

 第6回の同賞では、大企業では「揮発性有機化合物とCO2を同時削減する新塗装技術『アクアテック塗装』」のマツダなどが内閣総理大臣賞を受賞。中小企業では、曲げに弱く家具用材としての利用が困難だったスギやヒノキといった軟質針葉樹を家具用材に加工する「圧密成形加工技術」を実用化した天童木工をはじめ、計4企業の案件が内閣総理大臣賞を受賞している。また、経済産業大臣賞は中小企業8案件を含む計15案件が受賞した。

 開館時間は9時から17時まで。国立科学博物館の常設展入館料のみで観覧できる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

    「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  9. 陶磁器生産日本一の瑞浪市周辺を巡るバスツアー、地元工場が企画

  10. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top