【回転窓】地域の誇りが生み出すもの 画像 【回転窓】地域の誇りが生み出すもの

インバウンド・地域活性

 宮城県名取市に、「ナチュリノ」というジェラート店がある。こだわりは地元の食材を使うことで、お米やずんだ、メロン、カボチャなど季節に応じたメニューが並ぶ。一部では、生産者から朝仕入れた果物や野菜を使った「朝採りジェラート」も取り扱っている▼同市を含む仙台南部地域は農産品が豊かな地域だが、東日本大震災で多くの被害が出た。「震災が起きたが、それでも立ち上がった。その人たちが作っている物が悪いはずがない。果物や野菜の味も絶対に違う」。運営する図南商事の鈴木知浩社長は信念を持った口調で話す▼災害廃棄物を撤去して、インフラを復旧し、農地を再生させ、生産者が土を耕し、実りの季節を迎える。そんな一つ一つの作業を経て、新たな誇りが生まれてきている。そうした誇りをいかに増やしていくかが、復興のカギのように思う▼同店では、お米ジェラートをいただいた。濃厚でありながら、甘みは柔らか。冬空の下だったが、心がほっこりした▼震災から間もなく5年。苦労も悩みもまだ山積みだが、東北の地には新たな芽生えもある。そんな姿を実感させる味がした。

回転窓/地域の誇りが生み出すもの

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

    東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  6. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

アクセスランキングをもっと見る

page top