鹿島、国際女性デーに合わせ女性目線の現場づくり推進 画像 鹿島、国際女性デーに合わせ女性目線の現場づくり推進

マネジメント

 鹿島は、国連が定めた毎年3月8日の「国際女性デー」に合わせ、この日を女性の視点で現場の環境改善に取り組む「鹿島たんぽぽ活動」推進の日に制定した。
 同活動は、同社独自の取り組みで昨年4月にスタート。女性技術者・技能者の意見を現場の環境改善に生かし、現場で女性が働きやすい環境をつくることで、すべての人にとって快適で魅力のある職場環境の創出を目指している。
 今年から、3月8日を活動の周知啓蒙(けいもう)の日に定め、ポスターやリーフレット、胸章、ヘルメットシールなどの啓蒙用グッズを作成して現場に配布する。当日は、全現場に向け押味至一社長のメッセージも伝達される。
 同社の建設現場で働く協力会社を含むすべての人が活動の対象で、関係者全員が活動への理解を深め、現場の環境改善に一段と力を入れていく。

鹿島/3月8日を「たんぽぽ活動推進の日」に/女性目線の現場づくり周知

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  3. 「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

    「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

  4. 商品管理も可能な万引き防止ゲート「WaveGate」

  5. 「平戸市はなぜ、ふるさと納税で日本一になれたのか」を市長に聞いた

  6. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  7. 運送事業者向け睡眠時無呼吸症候群対策マニュアルを改定…国交省

  8. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  9. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  10. 公共建築積算で被災地のクレーン費高く、国交省調査で判明

アクセスランキングをもっと見る

page top