【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今 画像 【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

インバウンド・地域活性

 東北の復興が新たなビジネスの芽を生んでいる。震災によって失われた工場設備、立地条件、マーケット。それらを、最新式で効率の良いものへと再建する中で、かつて無かった品質とコストを持つ商品が生まれつつある。

■総事業費20億円、地域の再興をかけた組合設立

 気仙沼市の内湾部にある鹿折地区で12年、エリアの水産加工業者を集めた気仙沼鹿折加工協同組合が設立された。目的は震災復興に向けての共同設備の建設、およびブランド確立による新規マーケットの開拓。三陸の水産加工では業界に名の知れた株式会社かわむらの声掛けもあって、設立時点で17社が加入した。

 組合事務局長の細谷薫氏によると、こうした事業スキームは震災から1年ばかりの間に、急ピッチで組み上げられたという。震災による津波で工場を失った事業者が、一人も脱落者を出さずにみんなで生き残る。そんな理念に共感して、支援をしてくれる人々もいた。

「当時たまたま縁があってお会いした三井物産、住友商事の方からは、様々な援助を受けることができました。組合事務所はその寄付によって建てられましたし、建物内のプレゼンルームなどのデザインは、『復興応援キリン絆プロジェクト』から生まれたものです」

 一方で、約20億円に及ぶ事業費についても、様々な補助金を利用できたという。例えば、組合員が共同利用する施設の総事業費については、容量7000トンに及ぶ大規模冷蔵倉庫の7/8が、1日あたり約1000トンの処理能力を持つ海水滅菌施設の5/6が補助金を利用したもの。さらに、農林中央金庫から融資を受けたことで、ほぼすべての事業費を持ち出しなしで確保できたという。

「当時は様々な補助金の情報が入ってきていましたので、それをかき集めて可能な限り利用しました。また、農林中央金庫様についても、5年間は無利子で、その後も通常では考えられない低金利で融資を受けることができたんです」

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  6. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  7. 富裕層インバウンドの法則その8

  8. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  9. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  10. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

アクセスランキングをもっと見る

page top