リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表 画像 リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

マネジメント

 経済産業省、中小企業庁らの後援による第6回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の受賞企業が発表された。

 同賞は経営や業績とは別に、社会的責任を果たす企業姿勢を評価するもの。2010年に創設され、今回が6回目となる。

 企業規模を問わずもっとも優秀と認める企業に贈られる経済産業大臣賞は、サトーホールデングスが受賞。1940年創業の東証一部上場企業で、創業以来一度もリストラを行っていないこと、0.9%という離職率の低さなど、人材を大事にする経営が評価されている。

 一方、中小規模で特に優秀と評価された企業に贈られる中小企業庁長官賞は、静岡県浜松市の日本ロックが受賞した。自動車用電装部品を手がける企業で、創業は1980年。162名の従業員のうち99%が正社員で、非正規雇用は希望者の数名のみとなっている。離職率はゼロと、こちらも人材を大事にしている点がポイントのひとつに。障がい者雇用率が4.3%で、障がい者就労支援施設への発注も年間2400万円規模といった、障がい者雇用への貢献度も評価された。

 このほか、実行委員長賞には長野県伊那市の社会福祉法人アンサンブル会、審査委員会特別賞には高知県高知市の四国管財、大阪市西淀川区の島田など10企業、実行委員会特別賞には瀬戸内海巡回診療船済生丸事業など4団体が選ばれている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  2. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

    いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  3. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  4. 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

  5. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  6. 第10次卸売市場整備基本方針で研究会、経営戦略の確立を

  7. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  8. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  9. 東京メトロ、日比谷線虎ノ門地区新駅で土木WTO入札公告

  10. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

アクセスランキングをもっと見る

page top