国内倉庫への納品で海外販売OK…米大手サイトでの販売支援開始 画像 国内倉庫への納品で海外販売OK…米大手サイトでの販売支援開始

スマート中小企業

 アイフィスジャパンが海外へのネット通販展開を支援する「越境ECワンストップサービス」をスタートした。商品情報の他言語翻訳や海外大手ECサイトへの商品登録、運営代行、商品配送を一括して請け負う。

 提供される越境EC代行サービスは、自社の販売チャネルを新たに立ち上げる「出店サポートプラン」と、アイフィスジャパンの販売アカウントを使って商品販売を行う「ぐるっとまるごと出品プラン」の2タイプ。

 「出品サポートプラン」は海外ECサイトへの販売者アカウント開設や、アカウント運営代行などをサポートする内容で、自社の販売チャネルを独自に立ち上げられる。アカウント作成支援が5万円から、アカウント運営代行が1か月1人10万円からとある程度ボリュームの大きい海外展開を想定した価格帯といえるだろう。

 対して、「ぐるっとまるごと出品プラン」は、アイフィスジャパンの販売アカウントを利用するプラン。「amazon.com」「ebay.com」に開設された同社の販売アカウントを通して商品販売を行う。出品商品を選び、商品情報を提供し、国内倉庫へ納品を行えば、2サイトで販売代行を行ってもらえる。

 5%から15%の販売手数料がかかる代わりに、受注管理などのアカウント運営代行は月額8000円からと比較的にローコストでの出品が可能だ。継続的な販売だけでなく、テストマーケティングなど試験的に販売を行いたいケースも想定している。公告運用なども別途対応する。

 同サービスは現時点では米国を対象としている内容だが、今後ASEANエリアをターゲットに、ECサイト「LAZADA」へも対応していく予定だという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら/H14》

編集部おすすめの記事

特集

スマート中小企業 アクセスランキング

  1. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

    【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  2. 急増する空き家、ITで生き返るか?

    急増する空き家、ITで生き返るか?

  3. 日本式IoT、世界を主導できるか?

    日本式IoT、世界を主導できるか?

  4. NIPPOがホイールローダー自動停止システム開発、ステレオカメラで障害物に対応

  5. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  6. 「日の丸パソコン」構想はなぜ頓挫したのか。破談の先にあるもの

  7. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

  8. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  9. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  10. 【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

アクセスランキングをもっと見る

page top