国内倉庫への納品で海外販売OK…米大手サイトでの販売支援開始 画像 国内倉庫への納品で海外販売OK…米大手サイトでの販売支援開始

IT業務効率

 アイフィスジャパンが海外へのネット通販展開を支援する「越境ECワンストップサービス」をスタートした。商品情報の他言語翻訳や海外大手ECサイトへの商品登録、運営代行、商品配送を一括して請け負う。

 提供される越境EC代行サービスは、自社の販売チャネルを新たに立ち上げる「出店サポートプラン」と、アイフィスジャパンの販売アカウントを使って商品販売を行う「ぐるっとまるごと出品プラン」の2タイプ。

 「出品サポートプラン」は海外ECサイトへの販売者アカウント開設や、アカウント運営代行などをサポートする内容で、自社の販売チャネルを独自に立ち上げられる。アカウント作成支援が5万円から、アカウント運営代行が1か月1人10万円からとある程度ボリュームの大きい海外展開を想定した価格帯といえるだろう。

 対して、「ぐるっとまるごと出品プラン」は、アイフィスジャパンの販売アカウントを利用するプラン。「amazon.com」「ebay.com」に開設された同社の販売アカウントを通して商品販売を行う。出品商品を選び、商品情報を提供し、国内倉庫へ納品を行えば、2サイトで販売代行を行ってもらえる。

 5%から15%の販売手数料がかかる代わりに、受注管理などのアカウント運営代行は月額8000円からと比較的にローコストでの出品が可能だ。継続的な販売だけでなく、テストマーケティングなど試験的に販売を行いたいケースも想定している。公告運用なども別途対応する。

 同サービスは現時点では米国を対象としている内容だが、今後ASEANエリアをターゲットに、ECサイト「LAZADA」へも対応していく予定だという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

    ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  3. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  6. シャープ「ロボホン」にWi-Fi専用モデル/ビジネスプレミアムプランも提供

  7. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  8. FCフォークリフト、関西国際空港にて実証開始…豊田自動織機

  9. DeNAがAIを活用したタクシー配車アプリの実用実験

  10. ~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

アクセスランキングをもっと見る

page top