遺言信託は2.5倍に…団塊世代到来で伸びる相続関連ビジネス 画像 遺言信託は2.5倍に…団塊世代到来で伸びる相続関連ビジネス

制度・ビジネスチャンス

 野村証券の相続関連ビジネスが急拡大している。グループの野村信託銀行で遺言信託事業を始めたことなどにより、2015年度の遺言信託の受託件数は足元で前年度比2・5倍に増えた。相続関連の保険商品販売も大幅に伸びている。2025年度には団塊の世代が75歳以上となり相続市場の一層の拡大が見込まれる中、今後の事業成長に力を入れる。

 相続関連ビジネス拡大のため、本社内に専門部署を設置。全国の支店スタッフと連携し、顧客の相続相談に対応する。14年からは相続円滑化に向けたサービス「資産承継あんしんパック」を提供開始。相続に関心が高いシニア層に向けの情報提供型セミナーを開催するほか、野村信託銀行でも月20回というハイペースでセミナーを実施している。

 遺言信託事業については、従来は三井住友信託銀行や三菱UFJ信託銀行に委託していたが、15年4月から野村信託銀行でも取り扱いを開始。「遺言信託も、普段付き合いのある野村グループに頼みたい」という顧客ニーズを捉えた結果で、大幅な受託拡大につながっている。

 また、相続時に一部が非課税対象となる生命保険の販売額も大幅に伸びている。14年は約3200億円だったが、15年は1・4倍の4600億円に増加した。14年は全営業マンのうち約4割が保険契約を成立させ、15年は約5割が契約を成立。現場での相続ビジネスに関する取り組みが強まっていることが分かる。

 顧客の高齢化が進む証券業界では、相続をきっかけにした預かり資産の他社への流出が懸念されている。業界最大の預かり資産を持つ野村証券にとって、相続関連ビジネスは新しい成長エンジンであると同時に、既存資産の流出を最小限に抑える戦略でもある。

遺言信託2.5倍に。野村証券、相続関連ビジネス伸びてます!

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  2. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  3. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

    ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  4. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  5. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  6. 卵と血中コレステロール濃度に密接な関係はない/理解している人は少ない

  7. 「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる?

  8. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  9. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  10. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

アクセスランキングをもっと見る

page top