ローソンでの商品化などめざす…川上村のアイデアコン結果発表 画像 ローソンでの商品化などめざす…川上村のアイデアコン結果発表

インバウンド・地域活性

 長野県南佐久郡川上村が、村の農産物を活用した新しい特産品や、地方の不便さを解消するアイデアを募集する「KAWAKAMI 地域イノベーションアイデアコンテスト 2016」を開催。その審査結果が発表された。

 川上村は村のファンを増やすことをめざした「KAWAKAMI Re:BRANDING事業」を展開しており、今回のコンテストもその一環として行われた。新しい特産品のアイデアを募集する「地域特産品事業アイデア部門」と、地方での生活を向上させるアイデアを募集する「地域ライフスタイル事業アイデア部門」の2部門が設けられ、46人から106点のアイデアが寄せられた。

 そのなかから最優秀賞に選ばれたのは川上知美さんの「Mama'sRescue『森の手当て屋さん』」。川上村に病院がなく、医療機関に受診するタイミングを判断するのが難しいという課題に注目したもので、ハーブを使った自然療法の考え方に基づいたケアサービスを提供する施設の創設するというアイデアだ。賞状に合わせたハーブティを提供するなど、病院へ行く事前段階の対策を気軽に行える施設をめざす。

 このほか、レタスでおにぎりを包むレタスおむすびのアイデアを募る「全国レタむすび選手権 In 川上村」と、さるなしのジャムとヨーグルト、川上村の水でつくるラッシーと村の特産品であるレタス・白菜を使った川上ぎょうざをつくる「さるなっしーでラッシー&川上ぎょうざ」の2つが地域特産品事業アイデア部門賞を受賞。地域ライフスタイル事業アイデア部門賞として、レタスの栽培から販売やそば打ちなど、親子で川上村での職業体験ができる「KIZANIA in KAWAKAMI」が選ばれた。

 入賞したアイデアは、今後コンテストの協賛企業でもあるローソンでの商品化や、同じく協賛企業のクラウドワークスのクラウドソーシングやRelicと協力しての事業化をめざし、検討を行っていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

    【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

    都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top