新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表 画像 新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

マネジメント

 経済産業省が3月16日に「新・ダイバーシティ経営企業100選表彰式・なでしこ銘柄発表会 シンポジウム」を開催する。

 経済産業省は2012年度から、女性、外国人、高齢者、障害者などを含め、多様な人材が活躍できる機会や環境を提供するダイバーシティ経営を推進する企業と事例を「ダイバーシティ経営企業100選」として選定、発信している。今年度からは新たに働き方改革や女性の職域拡大といった分野を設け、「新・ダイバーシティ経営企業100選」として事例を集めてきた。

 「なでしこ銘柄」は同じく2012年度から選定を開始したもの。東京証券取引所と共同で女性の活躍を推進する上場企業を選定し、投資の活性化などを促す仕組みだ。これまでは対象を東証一部上場企業に限っていたが、今年度から東証二部、マザーズ、JASDAQを含めた全上場企業を対象にするようになった。

 シンポジウムでは今年度の各選定企業を発表するほか、「企業の本音:ダイバーシティ経営の意義」と題したパネルディスカッションを実施。なでしこ銘柄に3年連続で選定されたKDDIの代表取締役社長・田中孝司氏や、2012年度にダイバーシティ経営企業100選に選ばれたサトーホールディングスの代表取締役執行役員社員で最高経営責任者の松山一雄氏が女性社員とともに登壇し、ダイバーシティ経営に取り組む意義や、現場の女性社員の声などを紹介していく。

 会場は東京都千代田区のイイノホールで、15時から17時30分を予定。企業関係者やメディア関係者、研究者や学生のほか、ダイバーシティ経営に興味のある人なら参加できる。参加費は無料で、事前申し込みが必要だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  3. 空きスペースを活用して「駐車場経営」できる新サービス、違法駐車解消の期待も

    空きスペースを活用して「駐車場経営」できる新サービス、違法駐車解消の期待も

  4. 電力会社の変更意向は60%以上――ポイントは料金と信頼性

  5. 「自社はブラック」が4人に1人、今後辞めたい割合も急上昇

  6. 会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

  7. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  8. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  9. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  10. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

アクセスランキングをもっと見る

page top