新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表 画像 新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

マネジメント

 経済産業省が3月16日に「新・ダイバーシティ経営企業100選表彰式・なでしこ銘柄発表会 シンポジウム」を開催する。

 経済産業省は2012年度から、女性、外国人、高齢者、障害者などを含め、多様な人材が活躍できる機会や環境を提供するダイバーシティ経営を推進する企業と事例を「ダイバーシティ経営企業100選」として選定、発信している。今年度からは新たに働き方改革や女性の職域拡大といった分野を設け、「新・ダイバーシティ経営企業100選」として事例を集めてきた。

 「なでしこ銘柄」は同じく2012年度から選定を開始したもの。東京証券取引所と共同で女性の活躍を推進する上場企業を選定し、投資の活性化などを促す仕組みだ。これまでは対象を東証一部上場企業に限っていたが、今年度から東証二部、マザーズ、JASDAQを含めた全上場企業を対象にするようになった。

 シンポジウムでは今年度の各選定企業を発表するほか、「企業の本音:ダイバーシティ経営の意義」と題したパネルディスカッションを実施。なでしこ銘柄に3年連続で選定されたKDDIの代表取締役社長・田中孝司氏や、2012年度にダイバーシティ経営企業100選に選ばれたサトーホールディングスの代表取締役執行役員社員で最高経営責任者の松山一雄氏が女性社員とともに登壇し、ダイバーシティ経営に取り組む意義や、現場の女性社員の声などを紹介していく。

 会場は東京都千代田区のイイノホールで、15時から17時30分を予定。企業関係者やメディア関係者、研究者や学生のほか、ダイバーシティ経営に興味のある人なら参加できる。参加費は無料で、事前申し込みが必要だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら/H14》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. 【回転窓】外国人が見た日本の魅力

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(2):オリックス・久保田勲物流事業部長、グループ力を活用

  6. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. トヨタ首位陥落、新車販売はスバル以外7社が前年割れ……新聞からみる自動車業界

  9. 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  10. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

アクセスランキングをもっと見る

page top