日本建築士事務所協会連合会、大内達史会長が2期目へ 画像 日本建築士事務所協会連合会、大内達史会長が2期目へ

マネジメント

 日本建築士事務所協会連合会(日事連)の次期会長に、現職の大内達史会長(東京都建築士事務所協会〈東事協〉会長)が内定した。大内氏は関東甲信越ブロック協議会の推薦を受け、他のブロックからは推薦を受けた人がいなかったため、大内氏が次期会長候補者に決まった。6月14日開催予定の定時総会・臨時理事会を経て正式に就任し、2期目に入る。
 大内会長は1日に東京都中央区の日事連で記者会見し、「課題は山積しているが、一つ一つ前進させていきたい。各都道府県の建築士事務所協会(単位会)のために一つでも多くのことに取り組む。2期目も全力を尽くす」と強調した。
 15年6月に施行された改正建築士法については「日本建築士会連合会(士会連合会)、日本建築家協会(JIA)との建築設計3会で普及活動に努めている。今後も地道に一歩一歩取り組んでいく」と述べた。
 日事連は建築士事務所が抱える課題の解決に向け、昨年8月に「執務環境整備ワーキンググループ」を設置。社会的PR活動や雇用問題、長時間労働の是正、業務報酬など8テーマについて検討しており、「6月にも提言をまとめ、発信していきたい」と述べた。
 07年6月に日事連を脱会した岐阜県建築士事務所協会にも言及。「戻ってきてもらう努力を続ける。47都道府県の単位会がそろってこそ日事連の意義があり、まとまることが強みとなる」との考えを示した。

日事連/大内達史会長が2期目へ/課題解決へ一つ一つ前進

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  2. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  5. 国交省の建設技術者単価、3.8%上昇…下落前の9割程度に回復

  6. 大阪府立病院機構、呼吸器・アレルギー医療センターの施設整備を計画

  7. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  8. 盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

  9. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  10. 東京メトロ、日比谷線虎ノ門地区新駅で土木WTO入札公告

アクセスランキングをもっと見る

page top