【回転窓】駅弁とお茶のむかし 画像 【回転窓】駅弁とお茶のむかし

制度・ビジネスチャンス

 昨日の小欄でも取り上げた北海道新幹線。新青森~新函館北斗間の開業まであと1カ月を切り、記念商品の販売も盛り上がりを見せている▼その一つが駅弁だ。車両をかたどった容器と青函トンネルをモチーフにした包み紙が目を引く駅弁、北海道産の米と食材をふんだんに詰め込んだ駅弁など、どれも買って食べてみたくなるものばかり。やはり列車に乗っての旅や出張には駅弁が欠かせないという方は多かろう▼通説によると、駅弁は明治18(1885)年に宇都宮駅で売られたのが始まりという。昨年、誕生130周年を迎えたと東京・東新橋の旧新橋停車場鉄道歴史展示室で開催中の企画展「駅弁むかし物語-お弁当にお茶-」(東日本鉄道文化財団主催)を見て知った▼この企画展は駅弁の大切な供である「お茶」にもスポットを当てているのが面白い。容器が土瓶からガラス製に代わるものの再び陶製に戻り、その後にポリ製の茶瓶となっていく歴史にも触れられる▼今の駅で買えるペットボトル入りは昔と比べてどこか味気ない。お茶も旅に彩りを添える重要な一品だと思うのだが。企画展は21日まで。

回転窓/駅弁とお茶のむかし

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  3. 成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

    成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

  4. 「SDGs」「サステナブル経営」をもっとよく知るために

  5. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  6. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  7. クラフトビール・冷凍ギョーザが成長…今年の加工食品市場調査

  8. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  9. 中間階免震対応の工事用エレベーター実用化/竹中工務店

  10. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

アクセスランキングをもっと見る

page top