【回転窓】駅弁とお茶のむかし 画像 【回転窓】駅弁とお茶のむかし

制度・ビジネスチャンス

 昨日の小欄でも取り上げた北海道新幹線。新青森~新函館北斗間の開業まであと1カ月を切り、記念商品の販売も盛り上がりを見せている▼その一つが駅弁だ。車両をかたどった容器と青函トンネルをモチーフにした包み紙が目を引く駅弁、北海道産の米と食材をふんだんに詰め込んだ駅弁など、どれも買って食べてみたくなるものばかり。やはり列車に乗っての旅や出張には駅弁が欠かせないという方は多かろう▼通説によると、駅弁は明治18(1885)年に宇都宮駅で売られたのが始まりという。昨年、誕生130周年を迎えたと東京・東新橋の旧新橋停車場鉄道歴史展示室で開催中の企画展「駅弁むかし物語-お弁当にお茶-」(東日本鉄道文化財団主催)を見て知った▼この企画展は駅弁の大切な供である「お茶」にもスポットを当てているのが面白い。容器が土瓶からガラス製に代わるものの再び陶製に戻り、その後にポリ製の茶瓶となっていく歴史にも触れられる▼今の駅で買えるペットボトル入りは昔と比べてどこか味気ない。お茶も旅に彩りを添える重要な一品だと思うのだが。企画展は21日まで。

回転窓/駅弁とお茶のむかし

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

    ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  4. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  5. 「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは?

  6. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  7. 化学物質の情報伝達ルールは統一に向かうか。NEC「ケムシェルパ」に移行

  8. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  9. 「おもてなし規格認証」取得は2020年への第一歩/インバウンド・ジャパン

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top