16年度当初予算案が衆院通過、年度内の成立確定 画像 16年度当初予算案が衆院通過、年度内の成立確定

制度・ビジネスチャンス

 衆院は1日の本会議で、2016年度予算案を与党の賛成多数で可決し、参院に送付した。憲法が定める衆院の優越で、参院送付の日から30日以内に議決がなければ、自然成立するため、3月末までの年度内成立が確定した。一般会計総額は過去最大の96兆7218億円。うち農林水産予算は2兆3091億円で、15年度比1億円増。

 環太平洋連携協定(TPP)大筋合意後、初の当初予算の編成となった。ただ、TPP対策は15年度補正予算に集中計上し、当初予算は、政府が目指す農業の成長産業化に向けた既存事業の予算確保を優先した。

 具体的には、水田活用の直接支払交付金として3078億円を計上。15年度に比べ308億円増やし、飼料用米の作付け拡大に対応する必要予算を確保した。

 農業農村整備(土地改良)事業は2962億円で、15年度比209億円増。15年度補正にも990億円を計上しており、合計で3952億円となる。農林水産物・食品の輸出促進や訪日外国人の需要獲得も成長産業化の重要施策として予算を拡充した。

 民主党と維新の党は、戸別所得補償制度の復活などを求める予算案の組み替え動議を提出したが、否決された。

 参院予算委員会は2日から16年度予算案に関する質疑に入る。政府・与党は3月末の自然成立を待たずに、早期成立を目指す。

 野党は、正念場を迎える経済政策「アベノミクス」やTPP、甘利明前TPP担当相の金銭授受問題などで政府を追及する構えだ。

 一方、政府はTPP関連法案を8日に閣議決定し、衆院に提出する予定。3月中旬に特別委員会を設置し、TPP承認案とともに今国会での成立を急ぐ。

16年度当初予算案 衆院通過 年度内の成立確定

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  3. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

    なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  4. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  5. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  6. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  7. 公共工事の執行を平準化、当初予算にゼロ国債計上へ

  8. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  9. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  10. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

アクセスランキングをもっと見る

page top