JA全中本部委初会合、輸出増へ連携確認 画像 JA全中本部委初会合、輸出増へ連携確認

マネジメント

 JA全中は29日、JAグループ輸出推進対策本部委員会(委員長=中野吉實JA全農会長)の初会合を東京都内で開いた。2020年までに輸出を12年度実績比10倍の380億円超にする目標達成へ、複数産地一体での輸出や継続的な市場調査、流通網整備など具体策を推進することを確認。政府・与党から農家の所得向上へ、JAグループの取り組み強化に期待を示す声があった。
 同本部は全中役員や全国機関の代表らを委員に設けた。中野委員長は「組織一丸で輸出拡大に向けた体制を構築した。政府・与党と一体で取り組みを強化したい」と述べ、3月5、6日には中国・上海で農水省が開く日本食イベントに全中、全農も参加し、米の販促を行うことを紹介した。

 森山裕農相はJAグループの持つネットワークや流通網は強みになると指摘。20年までに輸出額を1兆円にする政府目標の達成へ、「輸出の実行部隊として大きな実績を挙げることを期待する」と述べた。自民党の西川公也農林水産戦略調査会長は中国への米輸出について「市場を何としても開かなければならない」と、政府・与党、JAグループが一体で働き掛ける必要があると訴えた。

 同本部では今後、各国の検疫条件などを検討し、輸出を増やす国や品目を選定。常設の販売棚を活用した継続的な市場調査で売れる産品を探る他、複数産地がリレー出荷で輸出するなど、海外で競合しない体制を目指す。政府・与党への政策提案なども展開する。

輸出増へ連携確認 全中本部委初会合

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

    JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  3. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  4. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  5. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  6. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  7. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  8. 日建連会員/研究開発、品質・生産性向上に注力/投資比率は上昇傾向

  9. 工場のオシャレ化で女性従業員を呼び込む! 被災水産会社の挑戦

  10. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

アクセスランキングをもっと見る

page top